Spring Concert -チェロ・ピアノ・フルートによる-

120331_cello02.jpg

僕とMさんが弾いたのは、チェロ二重奏用の編曲でモーツァルト・ソナタ KV296

この曲はネットで見つけた曲なのだが、KV番号が旧なのか新なのか、よく分からない謎の曲。

いつもながら緊張して、演奏は今イチだったが、演奏後に美女に囲まれて記念撮影してもらったので大満足(^^)v マンQさん、ごめんなさい・・・

今回は仕事がめっちゃ忙しくて、パスしようと何度も思ったが、これだけは出ないともうチェロを弾かなくなりそうで、頑張って出た甲斐があった。

よし、来年は無伴奏チェロやるぞ!!


▲カッチーニ/アヴェ・マリア


▲メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲 第一番 二短調 op.49 第一楽章


▲モーツァルト/ソナタ kv296

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

何かいいらしい


久しぶりに六本木で飲んでます

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

第7回NCCふるさとCM大賞の放送


30秒のわが町自慢!

第7回NCCふるさとCM大賞は31日土曜日午後2時30分からNCCで放送します。30分番組です。

最終審査に残った14作品から見事グランプリに選ばれた作品は佐世保の女子高生が作ったユニークな作品。

3月末で退社する真方アナ(写真)最後の番組でもあり、僕が第1回を立ち上げ、今回は自ら編集した番組でもあります。

ぜひ見てくださいね!

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

第2回NCCジュニアゴルフ選手権


喜々津CCで収録中!30日16:00-16:54放送予定

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒としばしの別れ

毎日毎朝、雨にも負けず風にも負けず共に散歩してきた相棒と現在別居中

120321_windy01.jpg
▲この日の散歩がしばしの別れとなった

120321_windy02.jpg
▲また元気な姿で会おうなウインディ

120321_windy03.jpg
▲心なしか寂しそう・・・伝わるのかな・・・

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

第2回長崎えきサイド祭り

長崎駅前商店街を活性化させようと3月12日(月)、13日(火)と2日間、「長崎えきサイド祭り」が行なわれた。
一昨年第1回が行なわれ、昨年は震災の影響で中止、今年2回目だという。

120313_ekiside04.jpg
▲ホテルクオーレ前の受付で、3300円(前売3000円)のチケットを買って、スタンプ帳とマップをもらう。

そのマップを頼りに17:00~22:00の間で3軒の飲食店を回って飲食ができる。2軒が指定、1軒は自由に選択できる。

120313_ekiside01.jpg
▲店に行くと、飲み物は生ビール、ワイン、焼酎、水割りなどから2杯飲めて、その店に応じた付け出しが出てくる。

駅前は、居酒屋、中華料理、焼き鳥屋、洋食店、カラオケ店と多種多様だから、選ぶのが面白い。

銅座界隈の「宵酔いまつり」(20102011)に比較すると時間が長いし、食べ物が豊富だから、ゆっくり食べて飲みたい人にはこちらがオススメだ。おねーちゃん目的の方は・・・残念↓(笑)

僕は、焼き鳥屋、居酒屋、最後はカラオケで歌って締めた。もち「70's Pops」から十八番を数曲・・(^^)v

120313_ekiside03.jpg
▲最後にスタンプ帳を提出して、お楽しみ抽選会を楽しめる。

120313_ekiside02.jpg
▲僕の目の前で「折りたたみ自転車」を当てた人がいた。ええなぁ~~欲し~い!

このまつりは2日間で600人余りの客を集め、大盛況だった。長崎の玄関口がもっと活性化しないとね。

駅前がもっと元気を出して、街並みももっと綺麗に長崎らしくリニューアルして欲しい。

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

第7回NCCふるさとCM大賞

18日、NCC&スタジオで「第7回NCCふるさとCM大賞」の公開収録を行った。

ふるさとの魅力を30秒のCMに凝縮させたふるさとCMが、今年は25作品集まり、最終審査に残った14作品が審査された。ゲスト審査員は、緒方明監督と佐田玲子さん。

120318_furusatoCM.jpg
▲グランプリを受賞したのは、「癒singさせぼ」長崎県立佐世保商業高等学校 放送部

グランプリはNCCで100本放送される。
その他自治体の部、一般の部それぞれに優秀賞、佳作、アイデア賞、ユニーク賞などが選ばれた。

この審査会の模様は、今月31日(土)14:30~15:00に放送します。楽しいよ~~見てね!

現在、必死に編集中・・・(^^ゞ

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

聖者に捧げるバッハの祈りコンサート

聖者に捧げるバッハの祈り

昨年の長崎”祈り”のコンサートでも好評を博した世界的なヴァイオリニスト・河村典子(スイス在住)によるコンサートです。今回は、彼女が活動を続けている”ひとりバッハ”のツアーとして、日本二十六聖人列聖150年を記念して弾いていただきます。場所は建堂50周年を迎える聖フィリッポ教会です。

響きが素晴らしいこの聖堂で、河村さんのバッハの祈りの演奏が響き渡ります。ぜひ足をお運びください。

日本二十六聖人列聖150周年・聖フィリッポ教会建堂50周年記念コンサート
ヴァイオリニスト 河村典子 ”聖者に捧げるバッハの祈り”
東日本大震災復興支援チャリティー

◆演奏曲目:J.S.Bach/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番
        J.S.Bach/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番

◆入場料:全席自由1000円 ※募金にもご協力ください

◆チケット販売所:浜屋プレイガイド・日本二十六聖人記念館・くさの書店(西友道ノ尾店)・長崎カトリックセンター・アクター企画(チトセピアホール内)

◆主催:長崎「祈り」コンサート実行委員会
 共催:アジェンダNOVAながさき・河村典子のバッハを聴く会
 協力:カトリック長崎大司教区:日本二十六聖人記念館・聖フィリッポ教会
 後援:長崎県・長崎市・長崎県宗教者懇話会・長崎新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞社長崎支局・西日本新聞社・NHK長崎放送局・NBC長崎放送・KTNテレビ長崎・NCC長崎文化放送・NIB長崎国際テレビ

◆お問い合わせ:
 アジェンダNOVAながさき TEL:095-842-1111(アクター企画)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

対州馬の荷運び再現プロジェクト

震災1周年となる前日の3月10日、

●長崎で、かつて荷運びに活躍した対州馬を再現するプロジェクトがありました。

「長崎の坂道で、対州馬の荷運び再現プロジェクト」長崎対州馬応援団

120310_taishuba02.jpg
▲霜川 剛さん(waranayaカフェ)と対州馬「里子」ちゃん。

●需要がなくなり、3年前に荷運びの役目を終えた対州馬。

●その子孫の「里子ちゃん」が、重い荷物を背負って階段を軽い足取りで上り、かつての様子を再現しました。

120310_taishuba06.jpg
▲伊良林地区の階段、この日の荷物は35kg 

●地元の子供たちとも触れ合いました。

120310_taishuba03.jpg
▲若宮神社で

●地元の方「おとなしいですよね。すれ違ってもおとなしいし、力強いし」

●この対州馬の保護育成を目指す江島さんは、震災1周年の前日に合わせてこのプロジェクトを企画しました。

●江島達也さん(長崎対州馬応援団)
「かつて考えてみれば、長崎の町も原爆の後は、がれきの町から一歩一歩こういった馬たちが荷物を運びながら家が建って町ができていったと思います。」

「少しでも被災地の励みになればいいかなと思います」

●人懐っこい「里子ちゃん」。

120310_taishuba01.jpg

●観光にも一役買いそうです。

120310_taishuba05.jpg
▲龍馬「同じ馬じゃ、仲ようするぜよ」

120310_taishuba04.jpg
▲亀山社中や風頭公園へは対州馬で、なんちゅう観光もありだと思うのだが・・・

●=NCCニュースから

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

東日本大震災一周年にあたり追悼と再生を願う合同祈祷集会

あの大震災から1年。かつて長崎も経験した廃墟。

東北の被災者に思いをはせ、心を同じくする人々と共に祈りたいと思い、浦上へ向かった。

120311_UrakamiChurch01.jpg 120311_UrakamiChurch02.jpg
▲1945.8.9 この天主堂も放射能まみれの瓦礫となった。あれから65年と7カ月。長崎が願った「最後の被爆地」は日本人自らの「人災」により崩れ去った。

120311_UrakamiChurch03.jpg
▲カトリックとプロテスタントのみならず、仏教、神道、諸宗教など、宗教・宗派を超えて集った人たちの数は1200名。

開祭に先立ち、震災の映像の上映がなされた。また純心大学の浜田さんによる被災地のボランティア体験が語られ、胸を打った。

120311_UrakamiChurch04.jpg
▲献花をする仏教、神道、諸宗教の代表者。長崎ならではのシーンである。

元フォークシンガーの本田路津子さんの歌の披露もあった。

追悼と再生を願う言葉として、田上市長は「信頼と安心に基づく社会を造る決意」を述べた。

120311_UrakamiChurch05.jpg 120311_UrakamiChurch06.jpg
▲献花と焼香台

迫害と被爆を乗り越えてきたこの浦上の教会。

そして宗教、宗派、考え方の違いを見つめるより、喜びや苦しみを分かち合いながら共に生き、共に祈ることが大事なのだと集まってきた長崎の人々。

僕は、その中に混じって泣けて泣けてしょうがなかった。

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア