第14回日本レコード大賞(1972年)

第14回日本レコード大賞は、1972年(昭和47年)12月31日に帝国劇場で行われました。


▲日本レコード大賞/ちあきなおみ「喝采」

ちあきなおみは、10代で下積み時代を経験し、1969年21歳の時「雨に濡れた慕情」で念願の歌手デビュー。70年の「四つのお願い」のヒットを経て、ついにこの「喝采」で日本レコード大賞を獲得します。


▲最優秀歌唱賞/和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」

当時のホリプロの社長の堀威夫が日本レコード大賞の歌唱賞を取るのにふさわしい曲をということで作詞家の阿久悠に作詞を依頼します。堀は「ケ・サラ」(ホセ・フェリシアーノ版が日本でヒット)のようなイメージの曲をと頼みますが、阿久は「人生」という語り口はどうかと思い、時代と孤独をテーマに作詞します。そして、見事和田はこの賞を受賞。現在も多くの世代から支持される、自他共に認める彼女の代表曲となりました。


▲最優秀新人賞/麻丘めぐみ「芽ばえ」

麻丘めぐみ(1955/10/11-)は、日本の女優、歌手、演出家。大分県出身の大阪育ち。3歳で子役として芸能界デビューする。中学時代には、当時創刊間もない少女雑誌『週刊セブンティーン』等でモデルとして活動。1972年、「芽ばえ」で歌手デビューし、大ヒットします。


▲歌唱賞/小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」


五木ひろし / 夜汽車の女 投稿者 jrapaka4
▲歌唱賞/五木ひろし「夜汽車の女」


▲歌唱賞/沢田研二「許されない愛」


▲大衆賞/橋幸夫「子連れ狼」


▲大衆賞/天地真理「ひとりじゃないの」


▲新人賞/青い三角定規「太陽がくれた季節」


▲新人賞/郷ひろみ「男の子女の子」


▲新人賞/三善英史「雨」


▲新人賞/森昌子「せんせい」


▲作曲賞/都倉俊一「どうにもとまらない」(歌・山本リンダ)


▲作曲賞/都倉俊一「涙」(歌・井上順)


▲編曲賞/土持城夫「ハチのムサシは死んだのさ」(歌・平田隆夫とセルスターズ)


▲作詩賞/千家和也「終着駅」(歌・奥村チヨ)

▲特別賞/越路吹雪

▲特別賞/石本美由起

▲企画賞/キングレコード(株) 「日本歌唱大百科」 歌手:ダークダックス

▲童謡賞/曲名:「ピンポンパン体操」 歌手:杉並児童合唱団・金森勢



1972年は、僕は高校2年生。年明けにグアムで横井庄一さんが発見され、札幌オリンピックが開かれ、あさま山荘事件が起こり、夏にはミュンヘンオリンピックで日本体操が大活躍、またバレーボールではその活躍を追ったテレビ番組「ミュンヘンへの道」にくぎ付けでした。テレビといえば「木枯らし紋次郎」も人気でしたね。

僕は県下で1校しかなかったクラシックギター部に入部。もう完全にギターの虜となり、その後のギター人生に大きな影響を与えました。

そんな年のリンデンピックアップは、この曲


▲ガロ「学生街の喫茶店」

その他、森山良子「この広い野原いっぱい」、吉田拓郎「結婚しようよ」「旅の宿」などフォークが歌謡界に徐々に進出してきたのもこの頃だったですね。

 ⇒第15回日本レコード大賞

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

長崎の観光名所をご案内(2)

8/27は、コアな観光案内をした。題して”長崎カクレキリシタン紀行”

朝8:00に最近人気の格安レンタカーを借りて、先輩と友人をお迎えに行き、外海に向かう。

樫山の天福寺⇒枯松神社⇒カトリック黒崎教会⇒遠藤周作文学館と回る


▲文学館のテラスから望む角力灘(すもうなだ)。台風15号が接近中だったがまだ影響はないようだ。

休憩所アンシャンテで、ド・ロさまソーメンを食す。

その後、長崎に戻って風頭へ向かう。


▲風頭公園からの眺望

さいたまからみえたMQさん、北九州からきてくれたKちゃん、お疲れさまでした。そしてありがとう。

また、長崎においで。今度は軍艦島に行きましょう(^_-)-☆

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

長崎の観光名所をご案内(1)

8/26は、博多のMCKコンサートを聴きに来た先輩と友人が、長崎まで足を延ばしてくれた。

久しぶりに長崎市内の観光名所をご案内した。

まずは、西坂の日本二十六聖人殉教地⇒チンチン電車で出島へ

120826_nagasaki01.jpg
▲出島ワーフ

120826_manQokei03.jpg
▲トルコライスは食べれないとのことで、”西洋亭”で味噌カツ定食をお昼に

出島ワーフ⇒長崎県美術館⇒東山手へ歩く

120826_nagasaki02.jpg
▲東山手のオランダ坂

東山手十二番館で折り返す

120826_nagasaki03.jpg
▲孔子廟

南山手へ歩く


▲グラバースカイロード(斜行⇒垂直)を登り切った絶景スポット。クリックして180度のパノラマをお楽しみください。

120826_nagasaki04.jpg
▲グラバー園の一番高い所にある旧三菱第2ドックハウス

120826_nagasaki05.jpg
▲グラバー邸

ここから茂里町の長崎ブリックホールにタクシーで。フラフェスティバルに出演している友人KYの写真を撮りに行く。その後、NCCの局内見学⇒平和公園へ

120826_nagasaki06.jpg
▲平和の泉を激写される先輩MQさん

120826_nagasaki07.jpg
▲平和祈念像

120826_nagasaki08.jpg
▲平和の泉

120826_nagasaki09.jpg
▲同上

120826_nagasaki10.jpg
▲爆心地公園へ

その後、みんなで群来軒で中華を堪能し、稲佐山で夜景を観て解散。

ちなみにこの日、家に戻ると万歩計は14000歩を超えていた。

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

博多の旅

8/25(土)Mandolin Collegium Kyushu 9th Summer Concert を聴くために福岡に向かった。

このMCKは、九州大学マンドリンクラブのOB,OGを中心とした社会人のマンドリンクラブだ。

長崎駅前のバスセンターに向かう家の近くのバスに乗りそこない、予約していた九州号に乗り遅れる。

120825_MCKconcert11.jpg
▲大村湾が限りなく碧い。遅れたバスの最前列に席を取って景色を堪能する。

120825_MCKconcert01.jpg
▲福岡天神”西鉄ホール” パンフレットを見ると最高齢は78歳!現役の大学3年生も出演しているので何とその年齢差67歳!!同じステージで同じ音楽を奏でる。素晴らしい。

120825_MCKconcert04.jpg
▲アンコールに”上を向いて歩こう”を会場の皆さんと一緒に。東日本大震災の被災者へのエールを込めて。

このコンサートの後、「ハーレム会」に参加する。freemlに登録の方は、⇒こちら

テーマ : 福岡
ジャンル : 地域情報

長崎クイズ(12)


ここど~こだ?

さすがの世聞も分かるまい‥

ヒント、日本で3人しかいない人が住んでいる館です(^_^)

答え

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

精霊流しの午後

8/15、朝の墓参りを済ませ、正午に終戦、いや敗戦記念日の黙祷をした後、映画を観に街へ下りた。

120815_shoronagashi02.jpg
▲新地バスターミナルで降りて、友人の店に陣中見舞いに行く。

120815_shoronagashi01.jpg
▲昨日が一番忙しかったと。この店は長崎では超有名な花火専門店。※店主の許可を得て撮影。

120815_shoronagashi03.jpg
▲浜んまちへ出て、榎津のセントラル劇場へ向かう。

120815_shoronagashi04.jpg
▲観たのは「夏の祈り」。心が揺さぶられ、何度も涙が頬を濡らした。私が過去訪れた教会や修道会や知人が出てきたが、極力説明を省き、坦々と被爆者の顔や姿を見せる。それだけに訴える力がある。ドキュメンタリー作りの参考になった。ぜひ観て欲しい。
セントラル劇場で17日まで公開。



120815_shoronagashi05.jpg
▲映画館を出ると爆竹と鉦の音が・・・そろそろ精霊流しが始まっている。

120815_shoronagashi06.jpg
▲精霊流しのメーンストリート県庁坂へ行ってみよう。

120815_shoronagashi07.jpg
▲中央橋を通って・・・

120815_shoronagashi09.jpg
▲県庁前に着く。まだ船はパラパラという感じ。

120815_shoronagashi08.jpg
▲と、うちの中継班とバッタリ。Jチャンながさきで18:42ごろやるという。リポーターは新人アナの宮崎真実ちゃん。彼女は福岡出身だから精霊流しは初体験。頑張って!

120815_shoronagashi11.jpg
▲この写真をfacebookにUPして番組告知(^^)v 中継は無事に終わった。

120815_shoronagashi12.jpg
▲大波止付近。その後、交通規制中なので駅前まで歩いて帰った。本番は夜。

そいにしても爆竹鳴らし過ぎ!うるさかったらありゃせん。まちっと静かか花火で西方浄土に送って欲しか。って故人が言うとりませんかね~(笑)

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

お盆の墓参り

家の墓はシーボルトが住んだ鳴滝にある。
120815_hakamairi05.jpg
▲盆の墓参りは欠かせない。だが、ただでさえきついこの坂を、高齢​の両親はもう上れないという。長崎の墓の宿命だ。


▲墓からの眺望。眼下に鳴滝高校(前は県短)、その向こうの丘に瓊浦高校、そして​遠く長崎港が望めるこの墓は、小さいころから気に入っていた。

親戚が集い花火を上げて騒いだのも遠い昔。
きょうは精霊流し。御先祖に感謝しながら静かに手を合わせた。

クリックすると、左手は本河内から日見へ抜ける長崎街道、正面は龍馬像が立つ風頭、右手に稲佐山が望める。この辺りは開港当時(1570年頃)の長崎を治めていた長崎甚左衛門純景の居城があった一番古い長崎だ。


家の寺は曹洞宗・徳光山高林寺。長崎三大寺の一つ海雲山皓台寺の末寺。鳴滝高校正門の右手を少し登った所にある。

120815_hakamairi01.jpg
▲登り口に石仏が並んでいる。西国三十三ヵ所霊場の石碑がある。一番右は弘法大師の石仏。

120815_hakamairi02.jpg
▲高林寺境内に立つ「赤地蔵大菩薩」。「長崎で一番古い歴史のある霊験あらたかな地蔵尊です」とある。祈願して病気が治ると朱色を塗ることから、赤地蔵と呼ばれている。

120815_hakamairi03.jpg
納骨堂「飛天堂」。本堂の傷みが激しく立て直す必要が出た時、父が檀徒総代としてお金を集めたが目標額に届かず、とりあえずこの納骨堂を建てたと聞く。

120815_hakamairi04.jpg
▲最近建てられた観光案内板。本尊の釈迦仏は、シャム国王勅願寺から長崎に友好のため贈られた後、この寺に奉安されたとある。

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

夏のウインディ7態

酷暑、カイカイ病の二重苦の中、何とか夏を乗り切ったウインディ7態。

どのウインディがお好みでしょうか。

120804_windy01.jpg
▲1.エリザベス横顔編

120804_windy02.jpg
▲2.昇る朝日に佇む編

120804_windy03.jpg
▲3.暑くてもやるこたやる編

120804_windy04.jpg
▲4.天正ウインディ使節編

120804_windy05.jpg
▲5.夏基本編

120804_windy06.jpg
▲6.夏基本編エリザベス付き

120804_windy07.jpg
▲7.ドライブ編

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

出島でウエプロ~ロンドンパブ

8/11のウエプロ(上を向いて歩こうプロジェクト)は長崎出島から。

120811_uepro01.jpg
▲ちょうどこの日は、スペシャルジャズナイトとして小國雅香トリオの演奏があった。

120811_uepro02.jpg
▲小國トリオとウエプロがコラボ。上を向いて歩こうジャズバージョンで歌った。

120811_uepro03.jpg
▲歌い終わったウエプロのメンバー

120811_uepro04.jpg
▲終わってからはロンドンパブで乾杯!

折しもロンドンオリンピックで日本女子バレーが3位決定戦中!

日本!チャチャチャ!日本!チャチャチャ!日本!チャチャチャ!

そして・・・銅メダル!!万歳!万歳~~! 最高の夜となった\(~o~)/

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

長崎の鐘を鳴奏会(最終日)

8月9日平和祈念式典当日。

朝から爆心地公園、平和公園は、人人人でごった返していた。

120809_nagasakiBell01.jpg
▲下の川

120809_nagasakiBell02.jpg
原子爆弾落下中心地碑

120809_nagasakiBell03.jpg
被爆50周年記念事業碑

120809_nagasakiBell04.jpg
聖徳寺灯篭

120809_nagasakiBell05.jpg
平和 左手はNCCの放送席

120809_nagasakiBell06.jpg
長崎の鐘

120809_nagasakiBell07.jpg
▲平和祈念式典入口 金属探知機が設置されている 平成24年長崎平和宣言

120809_nagasakiBell08.jpg
▲この日の「長崎の鐘を鳴奏会」は平和祈念式典が終わった12:20-50で行った。

120809_nagasakiBell09.jpg
120809_nagasakiBell10.jpg
120809_nagasakiBell11.jpg
120809_nagasakiBell12.jpg

120809_nagasakiBell_strap.jpg
♪おばあちゃんの笑顔♪

「長崎の鐘を鳴奏会」で80歳のおばあちゃんに出会いま​した。
鐘を鳴らし終わったおばあちゃんはまっすぐ私の所へ来て​こう言いました。
「私は被爆者なのよ。あなたに声をかけてもらって今日初​めて鐘を鳴らす事が出来ました。本当によかった!!また​来年も来ます。ありがとうね。」と笑顔いっぱいでわざわ​ざそれを伝えに来てくれました。涙が出そうになりました​。
「どうかいつまでもお元気でいて下さいね。」
胸がいっぱいでそれしか言葉が出ませんでした。写真は今​日参加した記念に頂いた長崎の鐘ストラップです。今日体​験した色々な思いの詰まったストラップを大切にしたいと​思います。母の写真の前に飾った後携帯に付けようかなぁ​。
来年だけじゃなく、再来年もまたその次の年も今日のおば​あちゃんの素敵な笑顔に会える事を願って…。
  (手伝ったいただいたTさんのメッセージから引用)


120809_nagasakiBell13.jpg
平和の泉

また来年・・・

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア