スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク 新30年ビジョン発表会

まずはこれを見ていただきたい。一見の価値があります。
ただし2時間以上かかるので、お暇な折に。

ソフトバンクの孫正義社長が、情報社会の次の30年、いや300年先を大胆に予測する。
コンピューターが人間の脳を超える時代がすぐそこに。
事業家孫正義はいかにして今を築いてきたか、その貧しい生い立ちから語る。

と書けば、少し見たくなるかな??
おそらく見始めるとどんどん引き込まれていきます。



いかがでしたか??

孫氏のオープンマインドでプラス志向の考え方、そしてその先見性と行動力にはあらためて敬服するのだが、僕はあえてここで、3つの警鐘を鳴らしておきたい。

1.コンピューターが自ら考え、意思をもち、行動することを安易にさせてはならない。

2.人間は、目先の利便性ばかりを追い求めないで、これまで培ってきた思想、哲学をさらに磨き、情報社会に適用させていく必要がある。

3.情報革命は人々を幸せにするどころか、危険にさらす可能性があることも肝に銘じなければならない。


皆さんはどう思われますか??

30年後をこの目で確かめられる可能性は少ないのだが・・・
関連記事

テーマ : 情報
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> aibikiさん

氏の素晴らしいところは、ご自分が一番つらかったこと、おそらくコンプレックスを抱いていたであろうことを、公開の場で述べていることです。
それは、それを乗り越えることの価値を誰よりも知っているからであり、何より実際に乗り越えた方だからと思います。
普通の人は言えませんよね。
特に知識人と言われる人たちは、いかに自分が他人より優れているかをほのめかしたがるものです。
それができるのは彼が成功した実業家だからでしょう。
実業家は結果がすべて。氏にはそれに自信があるからなんでしょうね。

No title

彼の生い立ちのところ、見させて貰いました。
彼が涙いっぱい溜めて話すところは、本当に泣けました。

やっぱり、彼が家族を何とかしたいと言う心が、
彼をここまでに育ててくれたのだと思います。
その後、死ぬかもしれない病気をして、人生において、韓国籍を
恥じるとか、お金持ちになるとか、これらはチッポケな事だと気づく。

そして、生きている事が、どれだけ価値があるかを知る。
生きるか死ぬかの大手術をした私には、とても分るお話
だったです。

> aibikiさん

1957年生まれです。
氏の生い立ちの話は泣かされますね。

でもそのころの体験が確実に氏のその後の人生を左右した。
バネにしたんですね。

それを成し遂げているのは大したものです。
思い立ったことを実現するのは並大抵のことじゃないですもんね。

これはUstreamですが、貼り付け方はYoutubeと一緒です。
埋め込みコードを貼り付ければいいのです。

No title

30年後には、私は、90歳を超えるから、おそらく亡くなってるでしょうね。
彼は、まだ若いんだな~。
53歳でしょう?
あなたより若いよね~?

凄いよね。
30年で、ここまで大企業に作り上げてるって。
いろいろ、危ない事もやって来て、しっかり乗り越えてる。

時代に上手く乗って、パソコン、インターネット、モバイル、その他いっぱいの事業を広げて・・。

こう言う神がかった人っているんだね。
取りあえず、40分見ました。
今日は、ここまで。

この画像は、YouYubeじゃないよね。
どうやって、貼り付けたの?

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。