慰安馬関旅行(その2~功山寺)

東行庵を後にして、小月から国道9号線を南下し下関に向かう。
目指すは長府博物館がある功山寺だ。

功山寺
 鎌倉時代創建、唐様(からよう)建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺(ぜんでら)様式を残しており国宝に指定されています。
 元々は長福寺と呼ばれており、功山寺となったのは長府藩祖毛利秀元(ひでもと)の菩提寺とされてからです。また、幾度となく歴史の舞台になったところで、毛利元就に追われた大内義長が自刃した場所であり、明治維新の転機となった高杉晋作が、奇兵隊からも賛同されないまま、伊藤俊輔(の博文)率いる力士隊と石川小五郎率いる遊撃隊ら、わずか80人程度で挙兵した地(功山寺挙兵)でもあり、境内には馬上の高杉晋作像があり、晋作を始め幕末・維新ファンなど歴史ファンが訪れております。
 その他、ここには“五卿潜居(ごきょうせんきょ)の間”があり、そこから望む美しい庭園は人々の目を引かせます。
 また、境内の裏には長府毛利家墓所、大内義長の墓、坂本竜馬の護衛を務めた長府藩士三吉慎蔵の墓などがあります。
(長府観光協会HPから)


101123_bakan12.jpg
▲功山寺総門。

101123_bakan13.jpg
▲ここも紅葉が見ごろのようだ。

101123_bakan14.jpg
▲境内に立つ高杉晋作像

幕府による長州征伐に対し、藩論統一のため長府覚苑寺に本陣を構える奇兵隊などに決起を呼びかけますが、時期尚早など反論を受け、結局1864年(元治元年)12月15日、伊藤俊輔(のちの伊藤博文)率いる力士隊と石川小五郎率いる遊撃隊らわずか80人程度で兵を挙げ、長府功山寺に潜居していた三条実美(さんじょうさねとみ)ら五卿に向かい「ただいまより長州男児の肝っ玉お見せし申す」と決意を表明し挙兵したのです。この決起がやがて明治維新を引き起こし、武士の時代を終わらせるのです。
長府観光協会HPから)



101123_bakan15.jpg
▲功山寺名水由来

幕末に功山寺に潜居していた五卿や従者、回天義挙の兵を挙げた高杉晋作はじめ諸隊士も、この名水を愛飲して挙兵の成功を祈ったのである(抜粋)


101123_bakan16.jpg
▲長府博物館へ向かう。博物館は境内にある。

101123_bakan17.jpg
▲長府博物館を見終わって。学芸員の古城さんとの約束を果たして記念撮影。

 >>その3晋作終焉の地へ続く
関連記事

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> aibikiさん

いや~ホント楽しかったです。

まだまだ長州は奥が深い。萩にも津和野にも行ってみたいですね。

今回、紅葉を愛でようなんてことは全く頭になかったから、尚更美しく映りました。

またゆっくり巡りたいです。(^^)/

No title

歴史を醸し出してる雰囲気が凄い。

当然、このような事があった寺ってこと知りません。
勉強になりましたよ。

それにしても、紅葉バッチリだね。
京都の寺のもみじもこのように綺麗だった。
お寺には、もみじって似合うよね。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア