はなきん7/22放送予告

7/22金、朝9:55放送予定のはなきんは・・・

大村市富の原の「木のコト ミュージアム」からお届けします。

110715_hanakin01.jpg
▲長崎方面から行くと大村市内の国道34号線を北上、竹松駐屯地の北側にある。→MAP

110715_hanakin02.jpg
▲私たちが今後、将来に向けて取り組み、子どもたちに伝えたい自然環境や住生活の問題。一番身近な「住まい」を手掛かりに森林のこと、材木のこと、木の家のこと、文化や歴史、産業のことをまとめて「木のコト」と称し、これを知ることができる資料館だ。県下で木材に関する資料館としては初の施設だ。

110715_hanakin03.jpg
▲ここを作った「長崎すて木な家づくりの会」の会員である浜松建設の濱松社長にご案内いただいた。

Zone01.自然と森
森から木へ木から家へ~私たちが今後、将来にむけて取り組み、子供たちに伝えたい自然環境や住生活の問題。一番身近な『住まい』を手掛かりに、森林のコト、材木のコト、木の家のコト、文化や歴史、産業のコトを学ぶことができるゾーンだ。

110715_hanakin04.jpg
▲木材はその使う場所に応じた切り出し方をする。捨てる所はない。

110715_hanakin05.jpg
▲国産材 日本の木100選が展示してある。一つひとつ手にとって手触りを確かめ、匂いを嗅いでみると違いが分かる。

Zone02.木と遊ぶ
主に熊本や宮崎の木材で製作された「国産材の木のおもちゃ」を集めてある。幼稚園以下のお子様に安全なおもちゃを与えたい。小さい頃から自然の木に触れ、森や木のコトを身近に感じてもらえるゾーン。紙芝居の上演も行っている。

110715_hanakin09.jpg
▲すべて自然のままの木づくり。子どもが口にしても安全だ。

110715_hanakin08.jpg
▲子どものようにはしゃぐ、さっちゃん。

Zone03.木造建築
木のよさを活かす家づくり。冬暖かく、夏涼しい、呼吸する家づくりをご紹介している。
また、今お住まいの住宅の自己診断10のチェックポイント・住宅履歴・地震の知識など、「住まいのコト」を学べるゾーンだ。

110715_hanakin06.jpg
▲基礎がシロアリで被害を受けた場合の耐震実験。輸入材の方が国産材よりシロアリに食われやすい。

110715_hanakin07.jpg
▲どの面にもバランスよく筋交いが入っていると耐震性が増す。ボタンを押すと揺れ出す。

110715_hanakin10.jpg
▲木造りのさまざまなグッズの販売コーナーもある。

森は伐採しないと再生していかない。木は放っておくと50年で光合成をしなくなる。割り箸は使うべき。など木材に対する正しい知識を学べる。

ぜひ、夏休みは子どもさんを連れて気軽に遊びに行って欲しい。

その前に!7/22金あさ9:55、NCC長崎文化放送「はなきん」で下調べっと(^^♪
関連記事

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア