スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子爆弾(2)傷壁

110820_shoheki04.jpg
原爆資料館の円形パビリオンの螺旋スロープを下りて行くと、あ、やってる、やってる。

110820_shoheki05.jpg110820_shoheki08.jpg
▲悲愁なる記憶「傷壁(しょうへき)」は、旧浦上天主堂の解体が1958年に始まることを知った一瀬さん(77)が、後世に残さねばと解体される直前まで、自分の指と爪を使って必死に描いた作品だ。

110820_shoheki06.jpg110820_shoheki07.jpg 
▲原爆で崩れた天主堂の壁が、被爆者の引き裂かれた肉や血のようにみえたという。

110820_shoheki09.jpg
▲自ら被爆し、白血病を患う一瀬さん。福島第一原発事故が起こった今。「核と人間は共存できない」。その思いを伝えるためにこの画集「傷壁」の出版を決意したという。

この展示会は、ピースミュージアムの主催で8/17~23に行われた。

(参考)8/9付 毎日新聞

人間の歴史は、遠い昔からずっと過ちを繰り返してきた。
でも核の過ちは繰り返せない。人類の滅亡につながるから。

戦争の記憶、原爆の記憶、絶対に人間が忘れてはならない記憶・・・残さねばならない。語り継がねばならない。

 >続く
関連記事

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。