台風一過の朝に思う


今年はふんとに災害続きの年でした。ってまだ終わってないけどね。

もうそろそろ穏やかな日々を戻してもらいたいものです。

2011は日本受難の年として歴史に刻まれるのでしょう。

日本はこの年をきっかけに、もっと大局に立って、もっと逞しくなっていかなければなりませんね。

日本といっても私たち日本人、一人ひとりの集合体。

私たちが自信をもって、もっと逞しく、たおやかに、しなやかに、生きていきましょう。

頑張るしかない!
Stand up Japan with rising Sun!
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> おこめさん

日本人は確かに”お人好し”

でも、力任せに来る隣国に対しては、しっかりした理論武装をして、返すしかない。

力に対して力で返せば、また紛争が起こる。

粘り強く、自信を持って

> taotao7

ノーモア・ナガサキ!ノーモア・フクシマ!

津波は天災。ある意味しょうがない。過去あった津波の教訓をもっと生かすべきだったと反省すればいい。

でも原発事故は人災。それも危険が指摘されていたにも関わらずだ。ここで本気になって脱原発を目指さないと、エネルギー問題ばかりを強調する推進派が息を吹き返すよ。

原爆と原発は人間の命の問題です。

ほんなこつばい(-_-)

日本人の誇りば失うたらいかん!

しかし、こんな弱った日本にここぞとばかり迫ってくる近隣の国々には、誇りというもんがあるとでしょうか?


世界は甘くない。強い日本にならんといかんばいヽ(*`Д´)ノ!

あの日

8月9日に私の恩師であり現在は原爆の語り部である、山川剛先生が、福島から招待された中学生に「私達のあの日は8月9日です。君達のあの日は3月11日と記憶されるはずです。同じ被害が出ないよう、君達が最後の被害者であるように、これから頑張って下さい。」とおっしゃってました。
今年の色々な災害は、まさしく終戦時と同じような感じです。
東北だけでなく、各地での被害を教訓に、新たな建て直しを考えなければならないでしょうね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア