スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56年を経て今・・・

1954年、僕の両親は、長崎三社の一つ伊勢宮で結婚式を上げ、諏訪神社の下にあった浄土宗法壽山地福院の一室を借り、新婚生活を送った。この地福院は諏訪神社と同じ金比羅山の神宮寺系列だという。

そして翌年1955年10月6日、当時八幡町にあった高木産婦人科で男子を出産した。難産だった。
取り上げた高木院長は長崎くんちの前夜祭で酔っていたらしい。

その年の踊町は、丸山町(本踊)・今博多町(本踊)・今魚町(川船)・古町(本踊)・江戸町(兵隊はやし)・諏訪町(蛇踊)である。

その男の子は、おそらく母親の胎内で寺の木魚や念仏を聞きながら大きくなり、この世にオギャーと生まれ出た時は、しゃぎりの音を聞き、そして酒の匂いを嗅いだはずだ。

当時の写真をご紹介しよう。これだ。

その後1年余りで浦上へ引っ越した。

市役所勤めだった父が昭和町(その後、大手町と町名変更)にできた問山(市営)住宅の管理人を兼ね、念願の我が家を求めたのだ。

それから高校を出るまでその地で育った。

以来、いろんなことがあった。本当にいろんなことが・・・

そして56年経った。

111006_birthday01.jpg
▲この日、誕生を祝ってくれてるような秋空が広がった。

その日の午前中は長崎くんちの放送席の設営を手伝い、午後からは先日企画したパイプオルガンコンサートのお礼に浦上天主堂の小島神父を訪ねた。

moblog_695b605d.jpg
▲諏訪神社の踊り馬場。今年は異常人気。桟敷券は6/7の発売日に即日完売した。桟敷委員会の方がこの仕事を30年やってるがこんなことは初めてだとおっしゃった。この写真の真ん中で僕は産まれた。

111006_bithday03.jpg
▲殉教と被爆のシンボル、浦上天主堂。大勢の修学旅行生が集まっていた。高校時代はこの裏に住む友人と駄弁りながら、よく通った場所だ。

長崎に生まれ、浦上で育った僕は、長崎で命を救われ、浦上に戻って来て今、長崎と浦上で仕事をしている。

少しは恩返しができているのだろうか・・・
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> Trashさん

google mapには問山という地名は入ってませんね。

http://g.co/maps/6uy7q
この地図の大手2丁目の山です。

私は大手1丁目に住んでいました。

へぇー!!

返信ありがとうございました。
問山という地名をはじめて知りました。
一応、西浦上小学校出身ですので、おおよその位置は分かったと思いますが、少し記憶があいまいなところもあります。
地図で検索しながら記憶をたどってみます。

> TRASHさん

ケルン、ありがとうございます!

西浦上小学校の裏手に水道塔があったのご存知ですか??確か階段が500段ぐらいあって、長大のスポーツ部が練習で使ってたらしいですけど。

あの小さい山が問山っていうんです。
あの山の裾野に広がった住宅って意味でしょうね。

現在の昭和町の交差点から、浦上川を渡った少し山手に市営住宅があったのです。

分かります??

市営住宅

いつも楽しく拝見させていただいています。
団塊Jr.世代ですが、私も浦上地区の市営住宅で育ちました。
問山市営住宅はどのあたりにあったのでしょうか?
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。