スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎くんち中日~湯立神事・庭先回り~

長崎くんち中日(なかび)、大波止の御旅所(おたびしょ)を覗いたら、諏訪神社の「湯立神事(ゆだてしんじ)」が行われていた。

湯立神事とは、湯立神楽とも言われ、日本の伝統的な神楽の形式のひとつ。

釜で湯を煮えたぎらせ、その湯をもちいて神事を執り行い、無病息災や五穀豊穣などを願ったり、その年の吉兆を占う神事の総称である。 別名を「湯神楽(ゆかぐら)」とも言う。(wikipediaから)

諏訪神社の湯立神事は、諏訪神社が再興された寛永2年(1625)から行われており、「長崎くんち」よりも古くから行われている神事だという。小さい神社では行われる神事だが、諏訪神社のような大きな神社では珍しいという。

まずは、動画がYoutubeにあったので見ていただこう。



111008_kunchi01.jpg
▲これはどうも真剣のようだ。御旅所の拝殿の前を四角に縄張をした中で行われる。その四隅を真剣を振って清める。

111008_kunchi02.jpg
▲煮え立った湯をかきまぜる松本諏訪神社宮司。

111008_kunchi03.jpg
▲この煮え湯を笹を使って観客へかける。あっち~~!!でもありがたや~~!!(^^)/

111008_kunchi04.jpg
▲この湯立神事は、通常は諏訪神社の湯立講社という会員だけに行われるのだが、この日だけは一般にも特別公開される。

学さるくの「くんちさるく」の見学者もいた。そのガイド役、長崎検定1級取得者のUさん、Yさんともここで会う。
ちなみに紋付羽織はアジェンダのMさん(笑)

この御旅所を後にして県美で行われている「日本近代画・夢の競演展」でも観ようかと出島ワーフの方へ歩き出して、懐かしいものと出会った。それは・・・

111008_kunchi05.jpg
▲お化け屋敷!!僕は幼少のころに観た以来、半世紀ぶりだ!!感動したっ!!(笑)

111008_kunchi06.jpg
▲興味津津・・・入ろうか、でも怖い・・・

111008_kunchi07.jpg
▲でも店の方々、の方が・・・もっと怖い・・って失礼!!(笑)

県美に行ってみるも、思い直して、テレビで散々観てきた「あれ」の庭先回りでも観に行こうと方針転換。
ケータイの「くんちナビ」を使って「あれ」の場所を検索した。古川町。よし行ってみよう。

111008_kunchi08.jpg
▲あれは遠くにいた。

111008_kunchi09.jpg
▲でも人が多くてなかなか近寄れない。こんな人出は、ランタンのときの新地中華街のようだ。

111008_kunchi10.jpg
▲中島川を渡った栄町でついに、あれを間近で観た。

コッコデショ!コッコデショ!コッコデショ!!!・・・・

彼らは三日間でこの約1tの太鼓山を750回も放りあげる。

長崎くんちのだいご味。何より彼らの顔がいい!!
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> 惚れてしまいますよね

赤ちゃんさん

はぁ~~あ、よいや~~さっ!!

くんち男の見せどころです(^^)v

惚れてしまいますよね

たいこ山の担ぎ手さん、惚れるしかありませんよね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。