豊後の旅5~むかしの同僚

今回の旅はむかしの同僚二人(TとA)に会うのが目的だった。

今を去ること20数年前、僕らは24時間眠らぬ厳しい製鐵所内で共に汗を流した。二人とも優秀な技術者だった。

僕らが担当したのは、コークス工場の新設備(CDQ)の点検整備。日常、定期、年次の点検・整備計画策定から実施、突発事故対応、設備の改善提案などを行った。

Aは僕より先に、実家の都合で大分に戻らなければならなくなり、全く職種が違う農業(梨園)を継ぎ、観光をはじめ様々な仕事を展開させ、現在家族5人を逞しく支えている。

Tは現在も昔の職場関連で全国の技術者を指導する立場になっている。

今は三人三様、全く違う仕事をしているが、共通の原体験があるので何故か安心する。

111123_beppu01.jpg
▲まずは3人で「かまど地獄」に行き、温泉卵を肴に乾杯!(^O^)/

111123_beppu02.jpg
▲泊ったのはその前会社の別府保養所。二人はOBとして泊った。別府湾を望めるいい場所にあった。右手の山は、猿山で有名な高崎山。大分製鐵所も望める。

111123_beppu03.jpg
▲夕食の準備ができましたっ。さて、やるか!再会を祝して乾杯!!

111123_beppu04.jpg
▲豪勢な夕食。

111123_beppu05.jpg
▲天下の美味”城下かれい”!と思いきや、左ヒラメに右カレイだよね・・・ヒラメだっ!!ま、どっちにしろ美味かった!!

酒が進んだのは言うまでもない。
関連記事

テーマ : 大分県情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア