スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らのハマキン逝く

その訃報を知ったのは、3日の朝だった。

120203_hamakin.jpg
▲中学校の国語の恩師だった。”生涯一教師”が口癖のハマキン先生。

青少年フォーラムや、中学校で被爆体験講話をされてらっしゃるところを僕は取材させていただいたり、今年正月に同窓生に送った会報誌には脳梗塞から復帰された記事を掲載したばかりだった。

すばらしい生き方を僕たちの目の前で実践され、そして逝かれた。
連日惜しまれる声がメディアで流れた。

今まで十分に原爆の恐ろしさを語っていただきました。
でももう、ゆっくりされてください。今度は僕たちが語り継ぐ番です。

心からご冥福をお祈りします。合掌
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> クリさん

何か、一時代が終わったような寂寥感があるね。

「原爆を語り継げる人」って本当に貴重な方々だよ。

一部の語り部を悪くいう人もいるけど・・・

少なくともハマキンは本当に真面目に、純粋に、心から「戦争や原爆をなくして欲しかったんだと思う。

あの方の死で、僕も今まで以上にそのことの大事さを意識している。

No title

大好きな大好きな先生でした。

中学一年のときの担任の先生で、わたしが国語の教師の道に進もうと思う、最初の礎を築いてくださった先生でした。

あまりにたくさんの思い出があり過ぎて、言葉にできない・・・

その日は、何も知らずに出勤していたので、連絡をくれてどうもありがとう。
お別れが出来て、ほんとうによかったです。

今も、思い出すとお別れが悲しくて、涙がこぼれます・・・

> パパいや~ん

当時、国語の成績は今一だったし、あまり親近感はなかったのだけど、長崎に戻ってきてからは、年々ハマキンの存在感が大きくなって行った。

大方の人は、地位とか肩書とかを追い求めるけど、何の意味もないね。

人は何をなすかだけ。そういう意味では、ハマキンは偉大だったよ。

> おこめさん

産経にですか?福岡版?

そちらまで届いたんだね。

僕らは自分の体験としては語り継げないけど、その心、考え方は語り継げる。

こうやってブログ書くのもその一つの行動だけどね。

親子でお世話になりました

私は中学二年の時の恩師で、娘は熊本の小学校の修学旅行の平和学習でお世話になりました。
ちなみに、その時、私が修学旅行を企画添乗し、平和学習を濱崎先生にお願いしました。先生は、当時もご多忙でしたばってん、私の頼みならと快諾していただきました。

先生の訃報を知った日は、24時間勤務の日でお通夜には行けなかったので、翌日非番の日にご葬儀に参列させていただきました。

あらためて、ご冥福をお祈りいたしますm(__)m

産経にも載っていました。リンデンさんのご恩氏だったんですね~

こうして時代の証人がいなくなっていくわけですから、もっと次世代にしっかり繋げていかなくちゃ。

家庭でも折に触れ、話す機会がありますからね。そういうの大事ですね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。