スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70's Pops(3)1970年7-9月

7月に入ると次の曲がTOPとなり、そのまま6週連続という快挙を遂げます。


▲ミスター・マンディ/ザ・オリジナル・キャスト (1970年7月第1-8月第2週TOP)

アメリカでは119位どまりだったこの曲も、日本では46万枚の大ヒットとなりました。

しかし、この曲の陰で4週連続2位に甘んじていた次の曲がついにTOPに躍り出ます。


▲コンドルは飛んで行く/サイモンとガーファンクル (1970年8月第3-4週TOP)

アンデスのフォルクローレの代表曲、El Cóndor Pasa。その後、様々なグループがカバーすることとなります。
しかしこの名曲も2週で、次の曲にとって代わられます。


▲イエロー・リバー/クリスティー (1970年8月第5-9月第2週TOP)

軽快なこの曲は20万枚を売り上げるロングセラーとなりました。元々トレメローズが新曲とする予定だったのですがいろんな経緯がありました。(→Story of Yellow River)ちなみにYellow Riverは架空の川で、黄河とは関係ないそうですよ。

この曲を押さえたのは、フレンチポップスのあの女性です。


▲悲しみの兵士/シルヴィ・バルタン (1970年9月第3-10月第2週TOP)

彼女は数々のヒット曲に恵まれ、何度も日本を訪れ、その度にそのセクシーな容姿で世の男性を悩殺しました。彼女の周りには話題が絶えません。CM出演、映画出演、自動車事故、数々の芸術賞受賞などなど。この曲がヒットする前に2度目の自動車事故に遭っています。いまだ現役、1944年生まれですから今年68歳!
WHOの親善大使としても活躍しています。



今回のリンデンピックアップは、心洗われるこの曲、


▲ふたりの天使/ダニエル・リカーリ(サン・プルー楽団)

涙がチョチョ切れるでしょ?由紀さおりに負けないスキャットですね?(笑)
彼女は1963年、映画「シェルブールの雨傘」でカトリーヌ・ドヌーブの吹き替えを行ったので知名度をあげ、この曲で人気を決定付けました。
そんな時代でした。ではまた(^^)/~→(4)1970年10-12月
関連記事

テーマ : 思い出の音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> クリさん

何?ダニエル・リカーリのLPを持っていた??

うむ、貴女は立派なポップスファンです。(笑)

僕の代わりにこのブログ書いてもらえん??(爆)

No title

「ダニエル・リカーリ」、わたしはLPを持っていて、当時好きだったラテンの「セルジオメンデス&ブラジル66」とともに、レコードがすり減るほど聞いていました。高校生のときですね~~。

> 緒方明さん

わぉ、監督!

嬉しいコメント、ありがとうございますっ!
ふるさとCMよろしくお願いします<m(__)m> ってこんなところで(笑)

そうか4歳差ですもんね。
少し下の世代の方の感じ方をお聞きしたいところです。

実は70's後半は自信がないんです。
だんだんとフォーク、ニューミュージックに傾倒していっちゃうから・・

よろしかったら、今後もどんどんコメントくださいね。

素晴らしい!

いつも楽しみに見てます!

この時代僕は小5だったのですが
ちょうどラジオで洋楽デビューをした頃です。

リンデンさんの「自分の一曲」がいいですね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。