スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎の寄付を考えるシンポジウム


出席してよかった。

日本ファンドレイジング協会の鵜尾理事の基調講演とシンポジウムが歴文であった。

テーマは「長崎の寄付を考える」

寄付とボランティアの意味とその考え方、震災後日本人の意識が変わりつつあること、これからの社会の在り方など、非常に示唆に富んだシンポジウムで、市民活動をやりながら日ごろ感じていることの改善策のヒントと、何より自信を与えていただいた。

寄付してもらうのではなく、その目的を明確にして、解決策を提示し、共感していただくことが大事だと。全くその通り。

行政に頼らず、民から民の流れを作らなければ、税金が上がるだけだ。

NPOも資金対策と経営戦略をしっかりとやる必要がある。

即実行!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。