スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70's Pops(13)1973年1-3月

1973年は、1/27にパリでベトナム和平協定調印(3/29米軍撤退完了)、7/20にドバイ日航機ハイジャック事件、8/8に金大中事件、11/29に大洋デパート火災が起きました。

日本歌謡界は、アイドル歌手全盛時代、新三人娘(小柳ルミ子・南沙織・天地真理)、新御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)の活躍、花の中三トリオ(森昌子・桜田淳子・山口百恵)やキャンディーズのデビュー、日本レコード大賞は、夜空/五木ひろしという時代。

ちなみに米アカデミー賞は「スティング」。

僕は4月から高3、18歳になる年、大学に入れば手工ギターを買ってやるという"エサ"につられて、受験勉強を秋から頑張りました。一応ね(^^ゞ

そんな年のポップス・ヒットチャートを追ってみましょう。

まずは、「愛の休日/ミッシェル・ポルナレフ」の昨年からのヒットが年を越しても続きます。1月2週まで7週連続のTOPとなりました。

その座を奪い、曲名通りTOPに立ったのは、


▲トップ・オブ・ザ・ワールド/カーペンターズ (1973年1月第3-2月第1週TOP)

4週連続TOPを取ります。全米でもナンバー1。正に世界の頂点に立ったカーペンターズでした。

その座を奪ったのは、イギリスのグラムロック・バンドでした。


▲イージー・アクション/T.レックス (1973年2月第2-3月第1週TOP)

グラムロックとは、ハードロックやプログレッシブロックとは違い、中性的なファッションや振る舞いを施し、単純で原始的なビートやキャッチーなサウンドが特徴。ま、要するにご覧のようなロックということ(笑)

4週連続TOPを取りますが、その後に出てきたのが、イギリスのシンガーソングライター。


▲カリフォルニアの青い空/アルバート・ハモンド (1973年3月第2-3週TOP)

ロンドン生まれ、ジブラルタル育ち、70年代にアメリカに移住し、この曲が大ヒットしました。彼は作曲者としても活躍し、僕の好きなカーペンターズの「青春の輝き」も彼の作曲です。

彼の次に出てきたのは、アメリカの女性シンガーソングライターでした。


▲うつろな愛/カーリー・サイモン (1973年3月第4-4月第1週TOP)

彼女はニューヨーク出身の裕福な家庭に育ち、64年に姉とフォークデュオのサイモン・シスターズを結成。71年にソロデビューし「幸福のノクターン」がヒットし、その年のグラミー賞最優秀新人賞を受賞しました。
この曲には、ミック・ジャガーとポール・マッカートニーがバックボーカルで参加しています。全米1位の大ヒットとなりました。



リンデンピックアップは、天国の King of Pop に捧げます。


▲ベンのテーマ/マイケル・ジャクソン

マイケルが14歳の72年に発表した2ndソロアルバム。ビルボード1位を獲得しました。映画「ベン」のテーマです。

そんな時代でした。ではまた(^^)/~ (14)1973年4-6月
関連記事

テーマ : 思い出の音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。