スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70's Pops(16)1973年10-12月

前月から10月第3週まで「007死ぬのは奴らだ/ウイングス」がTOPを続けた後、この期に紹介する曲は、何とたったの2曲。

まずは3月に「カリフォルニアの青い空」でヒットを飛ばしたロンドン生まれの彼が、この曲を引っ提げて登場します。


▲落葉のコンチェルト/アルバート・ハモンド (1973年10月第4週TOP)

この曲、メロディーだけ聴いていると秋に相応しい「落ち葉のコンチェルト」なんですが、歌詞を改めて読むとぶったまげます。

♪平和のため 平和のため 全人類の平和のため
  君なんかいなくなって欲しい いなくなって欲しい ボクの心から消えてくれないか
   出て行って その寝室のドアを閉めてくれないか
    すべてを以前のように戻して欲しい

すごい歌詞でしょう。それだけその女性に惚れたってことなんでしょうが・・・(^^ゞ

さて、そして次の曲がずっとTOP街道をひた走るのです。


▲愛の伝説/ミッシェル・ポルナレフ (1973年11月第1-4週、12月第1-4週、1974年1月第1-2週TOP)

何と何と、11月から年を越して1月まで、10週連続TOPを取るのです。

日本人には ♪I love you、because~しか分からなかったはずなのに・・・そのシンプルさが良かったのでしょうか?

実は、僕はこの曲がヒットしたことすら覚えていません。この時期、受験勉強に必死だったのかな・・・いや、少なくとも深夜放送だけは聴いていたはずだから・・・謎です。



今回のリンデンピックアップ、ヒットチャートが少なかった分、多めに紹介しましょう。多過ぎ??


▲さよならを教えて/フランソワーズ・アルデイ


▲レイン・レイン/サイモン・バタフライ


▲天国への扉/ボブ・ディラン


▲悲しみのアンジー/ローリング・ストーンズ

そんな時代でした。ではまた(^O^)/~(17)1974年1-3月
関連記事

テーマ : 思い出の音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。