スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70's Pops(21)1975年間ランキング

1975年は、ベトナム戦争が終結(3/1)し、沖縄海洋博(7/19-76/1/18)が行われ、アンタあの娘の何なのさ?が流行し(笑)、シクラメンのかほり/布施明がレコード大賞を取った年でした。

僕は、大学には興味ある科目しか受講せず、必修科目の単位が足りずに留年してしまいます。ある意味、確信犯・・・

そんな年の年間ランキングを5位まで紹介します。


▲オンリー・イエスタデイ/カーペンターズ(1975年間ランキング1位)

75年は彼らが多作した年。この曲の他に「プリーズ・ミスター・ポストマン」(年間ランキング6位)「ソリティアー」(同14位)もランキング入りしました。これらはアルバム「緑の地平線〜ホライゾン」に収められていますが、このアルバム以降、売り上げは低迷していくのです。


▲あの娘におせっかい/ポール・マッカートニー&ウイングス(1975年間ランキング2位)

前作「バンド・オン・ザ・ラン」を成功させたポールはウイングスの活動を再開し、アルバム「ヴィーナス・アンド・マース」をリリース。この曲はそのアルバムに収録された曲。原題は「Listen to What the Man Said」。全米第1位となりました。


▲キラー・クイーン/クイーン (1975年間ランキング3位)

作者はフレディ・マーキュリー。74年発表のアルバム「シアー・ハート・アタック」に収録。フレディによると、歌詞は高級コールガールをモチーフにしたものだといいます。


▲そよ風の誘惑/オリビア・ニュートン・ジョン (1975年間ランキング4位)

「愛の告白」に続き大ヒット。ジョン・ファーラー作詞作曲。彼女の澄んだ歌声と歌詞の「癒し」や「ゆったり」した生き方への誘いから受けられたのでしょう。


▲バイ・バイ・ベイビー/ベイ・シティ・ローラーズ (1975年間ランキング5位)

彼らは、イギリス・スコットランド出身。74年から78年にかけて“タータン・ハリケーン”と呼ばれる、熱狂的な社会現象を巻き起こした人気アイドル・グループ。第二のビートルズとも呼ばれ、何度も日本にも訪れました。



リンデンピックアップは、僕ら若人を悩ませ続けた、やっぱこれでしょう。


▲エマニエル夫人/ピエール・バシュレ

そんな時代でした。ではまた~ (22)1976年年間ランキングTOP5
関連記事

テーマ : 思い出の音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。