スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキュメニズム

「エキュメニズム」という言葉をご存知だろうか?

wikipediaによれば、「エキュメニズム (Ecumenism) は、キリスト教の超教派による結束を目指す主義、キリスト教の教会一致促進運動のことである。世界教会主義(せかいきょうかいしゅぎ)ともいう。転じて、キリスト教相互のみならず、より幅広くキリスト教を含む諸宗教間の対話と協力を目指す運動のことをさす場合もある。」ということ。

狭い意味では、カトリックとプロテスタントの対話、大きな意味では各宗教間の対話である。

僕の身近なところで言えば、市民活動をしているアジェンダNOVAながさきのメンバーである野下千年神父が、長崎カトリックセンターでエキュメニズムの委員をされ、長崎県宗教者懇話会の会長をされ、その運動を推進されている。

プロテスタント側では、長崎バプテスト教会の友納靖史牧師や、日本基督教団長崎古町教会の藤井清邦牧師が推進されていると聞く。

藤井牧師は、昨年の8.8に平和公園で行われた「平和への祈り」や、今年3.11の東日本大震災1周年長崎キリスト教合同祈祷祭でも、信徒ではない僕の心にも響くあいさつをされた。ちなみに僕の家は曹洞宗。

そして昨日、長崎で活躍されているジャズピアニスト小國雅香さんのお母様・小國公子さんの前夜式に参列したら、その式がプロテスタント式であり、司式をされたのが藤井牧師だった。

参列者と一緒に聖書の一節を読み、讃美歌を歌い、祈りを捧げ、献花をするのだが、何の抵抗もなくそれができた。

その式の中で藤井牧師が説教をされたのだが、僕は数々の葬儀に参列してきたが(勿論ほとんどが仏教)、生まれて初めて司式者が涙するのを見て、それだけでぐっときた。

藤井牧師の人間性を垣間見た説教であった。

先月も友人のお母様が亡くなられ、プロテスタント式の素敵な葬儀を経験し、宗教を静かに信じて生きてきた人、またそれを支えた人たちの優しさ、奥深さを感じて、心が平安になった。

戦後、国家神道の反省から、またGHQの洗脳から、殊更「宗教」をタブー視してきた日本の教育界、行政、メディア。そしてそのすばらしい成果が、堂々と無宗教と公言する日本人を作った。

3.11以降、日本人の心が揺らいでいる。自殺者数もずっと3万人/年を超えている。

心の問題は、人間の根源の問題である。心の専門家は、宗教家である。
既存の宗教ではこの複雑な現代社会で共感を得られない面があるのも否めないのだが、少なくとも宗教をタブー視しないで見直してもいいのではないかと思う。

宮司さん、住職さん、神父さん、牧師さんは、本当にいいお話をされる。
そうでない人もいるけどね。皆、所詮は人間なのだから(笑) またそれが人間らしくていい。

僕は、長崎のエキュメニズムを支援したいと思うし、長崎県宗教者懇話会の活動も微力ながら支援してきた。
そして、既存の宗教との融和を図り、新たな心の拠り所を探る Nagasakiism を提唱したい。(^^)v

各宗教の道は違おうと、目指す所は同じ。世界の平和、人間の心の平安と幸せだと思うから。
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。