34.悩み(2)進路

高校2年のとき進路で悩んだ。

小さいときから、昆虫採集が好きで、プラモデルを作るのが好きで、機械いじりが好きだった。どんな仕組みになっているかが知りたくて、どんなものでも分解した。だから自然と家の電化製品が壊れると修理するのは僕の役目になっていた。時計でも修理した。

小学生のときは「自分の夢」という作文で「水陸空を走れる自動車を設計して、両親を乗せてあげたい」と書いたし、中学校では理科や数学が好きで、特に図形と技術の工作には絶対の自信があった。正しく「理系」だった。

ところが、先に書いたように人生に悩み出すと一気に、理系の興味が薄らいだ。高校3年で「理系クラス」か「文系クラス」に振り分けられるのだが、文系クラスに入りたいと思い始めた。そして悩んだ。

しかし最後は「理系はつぶしが利く」という理由で、理系を選んだ。このことがどうだったかは、今でも疑問符だ。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そっかぁ~~~~・・・
子どもの頃からムシはキライ、プラモデルも買ってはみても、緻密な説明はキライ、フィーリングで作っちゃうので出来上がらない。
中学になると、数学ダメ、理科ダメ。
でも国語の試験は大好きだった。試験中にまで大好きな長文を読んでクイズ(国語の問題ってクイズだと思う)を解けるんだから、テスト用紙が配られてくるとワクワクした・・・。
人間って、違うんだね~~!!なんか、感動的に納得しちゃったよ。
わたしは、つぶしの効かない、超文系人間ですっ!!(笑)

あはは。全く違うんやね。
そんな違うもん同士が同じブログで会話してるのって、ある意味、奇跡かもね??
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア