スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回日本レコード大賞(1963年)

第5回日本レコード大賞は、1963年(昭和38年)12月27日に日比谷公会堂で行われました。


▲日本レコード大賞/梓みちよ「こんにちは赤ちゃん」(第14回NHK紅白歌合戦より)

この紅白歌合戦の映像は、モノクロ放送の最後。視聴率はビデオリサーチ史上第1位の81.4%を記録しました。この曲は、作詞:永六輔、作曲:中村八大のいわゆる六八コンビが作り、NHK「夢であいましょう」63年7月の今月の歌コーナーで紹介されると同時に大反響となり、11月にレコードが発売されると100万枚の空前のヒットとなりました。⇒夢であいましょうの今月の歌

(動画検索できず)
▲歌唱賞/フランク永井「赤ちゃんは王様だ」


▲新人賞/舟木一夫「高校三年生」 ⇒同名映画
▲作詩賞/丘灯至夫「高校三年生」(歌・舟木一夫)

僕はこの舟木一夫が学生服で歌う姿を強烈に覚えています。


▲新人賞/舟木一夫「学園広場」 ⇒同名映画

この映画「学園広場」の中に、あの懐かしのトニー谷の「アベック歌合戦」で、舟木一夫と松原智恵子が「学園広場」「高校三年生」を歌うシーンがあります(同名映画の04:51~)。それにしても松原智恵子がプクッとして可愛いこと。(^^♪

1963年6月5日、デビュー曲は恩師遠藤実作曲、日本コロムビア専属だった丘灯至夫作詞の「高校三年生」と決定した。4月で高校を卒業していた舟木だったが、「学生服で行け」という遠藤実の指示で、歌謡界異例の学生服デビューとなった。 「高校三年生」は、発売1年で100万枚の大ヒットを飛ばし、舟木は第5回日本レコード大賞新人賞を、丘は作詞賞を受賞した。デビューから2ヵ月後、本人が主演した同名映画も大ヒットし、舟木は一躍スター歌手になった。それに続き、学園三部作と言われた「修学旅行」「学園広場」もヒットした。(Wikiより)




▲新人賞/三沢あけみ「島のブルース」

三沢あけみは1959年の東映のニューフェイス。60年に笛吹童子でデビューします。63年にビクターレコードから「ふられ上手にほれ上手」で歌手デビューしますが、色気がありすぎるとして放送中止という憂き目にあってしまいます。続けて発売したのがこの曲。ここでいう島とは奄美大島。作曲は「上海帰りのリル」や「お富さん」などを代表曲を持つ渡久地政信。彼は沖縄出身です。


▲新人賞/三沢あけみ「私も流れの渡り鳥」

これも渡久地政信の作曲です。


▲作曲賞/いずみたく「見上げてごらん夜の星を」(歌・坂本九)

前半は、第14回紅白歌合戦より、後半は第54回(2003年)の紅白から、平井堅が坂本九との感動的なヴァーチャル・デュエットを果たしました。


▲編曲賞/宮川泰「恋のバカンス」(歌・ザ・ピーナッツ)

前年1962年の「ふりむかないで」に続くザ・ピーナッツのオリジナルソングによるヒット曲。ジャズの4ビートを生かした、歌謡曲としてはかつて無かった程のスウィング感に満ち溢れた楽曲で、シングル発売直後より話題となり、大ヒットしました。この曲のヒットにより「休暇」を意味する「バカンス」(vacances)というフランス語が日本で流行語になりました。

こうやって振り返るとザ・ピーナッツっていいですね。彼女たちのメドレーを聴きたい方はこちら⇒

▲企画賞/日本コロムビア(株) 「日本の民謡」

▲童謡賞/曲名:「おもちゃのチャチャチャ」 歌手:眞理ヨシコ


1963年は、3月に吉展ちゃん誘拐殺人事件が起こりました。テレビ界はアニメの年。1月「鉄腕アトム」、4月「銀河少年隊」、9月「仙人部落」、10月「鉄人28号」、11月「エイトマン」、11月「狼少年ケン」が次々に放映されます。そして11月23日、NHK他が日米間テレビ宇宙中継実験に成功。そこに飛び込んできたのはケネディ大統領暗殺のニュースでした。

この年、僕は小学2年生。学校にも慣れ、近所で遊びまわり、テレビにどっぷりつかり、どんどん外への夢を膨らませていった時代だったといえるでしょう。

そんな頃のリンデンピックアップは、長崎に生まれ育ったもんとして、この曲ば挙げとかんばいかんやろね。


▲春日八郎「長崎の女」

ここに出てくる映像は1990年ころのものです。何でかちゅうと90年に行われた長崎「旅」博覧会で設置されたスカイタワーが映っているから(笑)
関連記事

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。