スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回日本レコード大賞(1969年)

第11回日本レコード大賞は、1969年(昭和44年)12月31日に帝国劇場で行われ、特別ゲストとして浅丘ルリ子が出演しました。

この回から司会が三木鮎郎から高橋圭三に代わり、以降第25回(1983年)まで司会を務め、レコ大の顔となります。最優秀歌唱賞が新たに設けられ、歌唱賞がその候補としての位置付けとなります。

またこの年からテレビ生中継による全国放送が始まり、第47回(2005年)まで12月31日開催で固定されます。全て鮮明なカラー映像の完全版VTRが現存されているそうですが、残念ながらYou-TubeにはUPされていません。
ちなみに第11回の視聴率は前年の10.3%から20.6P大幅に上昇し30.9%を記録しました。


▲日本レコード大賞/佐良直美「いいじゃないの幸せならば」

「世界は二人のために」で第9回日本レコード大賞新人賞をとった佐良直美は、今回大賞を受賞し、新人賞と大賞を両方受賞するのは橋幸夫に続いて2番目の快挙でした。

退廃的な詞は岩谷時子ですが、いずみたくの素敵なメロディーが暗さを感じさせない素晴らしい歌ですね。


▲最優秀歌唱賞/森進一「港町ブルース」

この曲は120万枚の大ヒットを記録します。森進一は日活映画「年上の女」に出演。10月には「花と涙」発売。そしてこの「港町ブルース」でレコード大賞最優秀歌唱賞ほか数々の賞に輝きます。紅白歌合戦では早くもトリを務めます。


▲最優秀新人賞/ピーター「夜と朝のあいだに」

本名は池畑慎之介(1952/8/8-)。上方舞吉村流四世家元で、人間国宝にもなった吉村雄輝の長男として産まれます。3歳で初舞台を踏み、お家芸の跡継ぎとして父から厳しく仕込まれますが、5歳の時に両親が離婚、好きな方を選べと言われ、父は舞の稽古で鬼のように怖かったので母・池畑清子と暮らすことを選択し、鹿児島市で少年時代を過ごします。その後上京と家出を繰り返し、1969年映画「薔薇の葬列」の主役の美少年としてスカウトされます。同年この曲でデビューし、一躍アイドルスターとなります。


▲歌唱賞/青江三奈「池袋の夜」

青江美奈は、前年の「伊勢佐木町ブルース」に続いての歌唱賞受賞です。


▲歌唱賞/弘田三枝子「人形の家」

弘田三枝子(1947/2/5-)は歌唱力とパンチの効いた歌声で、「ポップスの女王」ともいわれ、その歌唱力は当時「日本女性歌手史上最高の歌唱力」とも評されていました。小学生時代から立川市などの進駐軍のキャンプでジャズやポピュラーなどを歌っていました。伊東ゆかりも同じです。1965年には日本人として初めてニューポートジャズフェスティバルに出場しました。


▲歌唱賞/加藤登紀子「ひとり寝の子守唄」

加藤は第8回の新人賞に続いて歌唱賞を受賞します。


▲大衆賞/水前寺清子「三百六十五歩のマーチ」

「365歩のマーチ」は1968年、「真実一路のマーチ」は1969年に発売され大ヒットします。


▲大衆賞/森山良子「禁じられた恋」

森山良子(1948/1/18-)は、日本ジャズ界のパイオニア森山久の長女として東京に生まれ、1967年「この広い野原いっぱい」でデビュー。「禁じられた恋」はミリオンセラーを記録し大衆賞を受賞します。


▲新人賞/はしだのりひことシューベルツ「風」

端田宣彦(1945/1/7-)はフォーク・クルセイダースの解散時、このグループを立ち上げます。元ジローズの杉田次郎と元ザ・ヴァニティーの越智友嗣と井上博が参加します。彼は「イルカ」ではありません(笑)


▲新人賞/内山田洋とクール・ファイブ「長崎は今日も雨だった」

1967年9月 長崎市内のグランドキャバレー「銀馬車」の専属バンドとして結成。競合店「十二番館」の専属バンドだった中井昭・高橋勝とコロラティーノは「思案橋ブルース」で1年早く世に出ました。「ロッテ歌のアルバム」の公開収録で長崎を訪れた東京パンチョスのチャーリー石黒が、長崎放送の接待で「銀馬車」に立ち寄り、クール・ファイブの生歌に触れ、その場で日本ビクターへの紹介を約束し、1969年2月 「長崎は今日も雨だった」でメジャーデビューしました。


▲新人賞/千賀かほる「真夜中のギター」

千賀かほる(1948/9月/25-)は、鹿児島出身。神戸市の高校を中退後、日本歌劇学校を経てOSK日本歌劇団に入団しました。この曲は後に高田みづえ、島谷ひとみがカバーしました。


▲新人賞/高田恭子「みんな夢の中」

高田恭子(1946/10/24-)は、1967年、マイク真木が在籍するGSバンド「ザ・マイクス」に加入。1969年にこの「みんな夢の中」でソロデビューし新人賞を受賞します。


▲作詞賞/山上路夫「夜明けのスキャット」(歌:由紀さおり)

由紀さおり(1948/11/13-)はこの曲でデビュー、オリコンの年間ヒットチャート第1位に輝きました。
※ちなみにwikipediaでは作詞賞「禁じられた恋」(歌:森山良子)となっていたので、wikipediaの方を訂正しました。


▲作曲賞/筒美京平「ブルー・ライト・ヨコハマ」(歌・いしだあゆみ)

作曲家・筒美京平(1940/5/8-)は60年代後半のGS以降、数々のアイドル歌手のヒット曲を世に送り出してきました。ちなみに日本の作曲家別シングル総売上枚数は7,600万枚を超え、歴代1位です。

「匿名性をどこまで維持しながら、音楽活動を行なえるか」をコンセプトに活動しているため、露出が極端に少なく、曲を発表するペースがあまりにも早かったため、一時期「実在しないのでは?」「ゴーストライター集団による擬人ペンネームでは?」といった噂がよく流れました。

今年5月にNHK BSプレミアムの「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」に出演したのは記憶に新しいところです。

いかに彼がヒット曲やスターを産み出してきたか、これで垣間見れます⇒ヒットメーカー筒美京平


▲編曲賞/寺岡真三「悲しみは駈け足でやってくる」(歌・アン真理子)

寺岡真三(1925/12/4‐2007/8/26)はビクターレコード専属の作曲家・編曲家。第2回の「君恋し」、第6回の「お座敷小唄」に続いての受賞です。

▲特別賞/佐伯孝夫
▲特別賞/東芝音楽工業(株)と制作グループ

▲企画賞/東芝音楽工業(株)

現EMIミュージックジャパン。フォークソング・ブームの契機を作り、新音楽人口を開拓した功績で企画賞を受賞しました。

▲童謡賞/曲名:「うまれたきょうだい11にん」 歌手:スリー・バブルス

スリー・バブルスは「♪スカッとさわやかコカコーラ」で有名。この曲は検索できませんでした。



中学2年の僕にとって、1969年といえば何と言っても「人類初の月面着陸」。僕の中でアメリカが“神”となりました。また村上龍が「69 sixteen nine」で描いたように、国内は学生運動が華やかで、政治や社会への関心が否が応でも高まりました。

そんなころのリンデン・ピックアップは以下の3曲を選びました。


▲白いブランコ/ビリー・バンバン


▲時には母のない子のように/カルメン・マキ


▲フランシーヌの場合は/新谷のり子

日本の歌謡曲が、戦後生まれの若者の感性によって様々な変化を見せていた時代でした。
関連記事

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> クリさん

1969年は僕にとって青春の原点です。

いろんな意味で絶対に忘れられない年です。

貴女を知ったのもこのころかな?(^^)/

> おこめさん

♪3月30日のぉ~日曜日~パリの朝に燃えた命一つ~~
 フランシーヌーーーー

半世紀経って、この日付と場所がメロディーに乗せて口をついて出てくるってのがすごい!!

ちなみに知ってた?↓

当時30歳のフランス人女性・フランシーヌ・ルコント (Francine Lecomte) が1969年3月30日にパリで起こした政治的抗議のための焼身自殺を題材にした作詞・作曲です。(wikipediaより)
 

中2か〜〜

う〜〜〜ん

懐かしいだけでは済まされない、感慨深い時代でしたね、そっか、中2か・・・

今、『夜明けのスキャット』がワールドワイドでブレイクしているのが、不思議なような、当然のような・・・

いい時代でしたね〜〜

フランシーヌの場合は~(~o~)あまりにぃ~も悲しい~(~∀~)ふふんふふふふんふふふふん♪

で限界であ~る。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。