スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産となる五島の教会とキリシタン遺産を訪ねて(4)隠れキリシタンの里

■旅程(第2日)
宮の森公園コテージ(8:00)(朝食)==<マイクロバス>==阿古木隠れキリシタンの里(ミサ・研修)==奈留島港(12:40)~<フェリー>~(昼食弁当)~~長崎港(16:20)解散


120729_gotoh01.jpg
宮の森総合公園コテージ 二十六人は10人用や5人用のコテージに分かれて泊った。僕は皆さんより一足早く「隠れキリシタンの里」行って、泊らせていただいた。

120729_gotoh02.jpg
▲一行は朝食を済ませて宮の森を後にし、奈留島船廻湾を北上し、柿森和年さんが住む「隠れキリシタンの里」へ向かった。

120729_gotoh03.jpg
▲車1台がやっと通るような山道を越えると、正に隠れ家のような場所にそれはあった。

120729_gotoh04.jpg
▲リビングが教会のような造りになっており、ここで野下神父によるミサが行われた。

120729_gotoh05.jpg
▲ミサの意味や、手順などを解説していただきながらミサが行われた。

120729_gotoh06.jpg
▲柿森さんによる潜伏キリシタンの儀式などの紹介

120729_gotoh07.jpg
▲オラショの紹介

120729_gotoh08.jpg
▲潜伏キリシタンらの祈り

120729_gotoh09.jpg
▲おそらく禁教時代、絹に書かれたオラショ

120729_gotoh10.jpg
▲庭には手作りのデッキがあり、船廻湾がすべて自分のものだ。僕は泳がせてもらった。

120728_gotohTour07_20120806154518.jpg
▲参加者の皆さんと記念撮影

120729_gotoh11.jpg
▲隠れキリシタンの里から山道を戻る参加者たち。

120729_gotoh12.jpg
▲奈留島港から帰途につく。見送りにきていただいた町の方々が、いつまでも手を振ってくださった。

120728_gotohTour08_20120806154518.jpg
▲「五島へ五島へとみな行きたがる 五島やさしや土地までも」

 「五島天国 行ってみて地獄」

120728_gotohTour09.jpg
▲3時間40分のフェリーの旅もそろそろ終わり。女神大橋が迎えてくれた。

素晴らしい自然の中に、悲しい歴史を抱える五島の島々。

その中でひっそり生き続ける五島の人々のやさしさに触れ、なぜかまた訪ねたくなったのは、僕だけではなかったようだ。

 終わり
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。