スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.3 祈りの日

130603_fugendake06.jpg
▲あの日の翌日、僕は亡くなられたテレビ朝日の記者の奥様をこの水無川にお連れした。何が起こったのか茫然とされ一言もなかったのだが、知り合いと会われた途端、泣き崩れられた。

130603_fugendake01.jpg
▲あの日も、この「定点」でカメラマンたちはあの山を狙っていた。

130603_fugendake02.jpg
▲この北上小場の農業研修所跡では、監視活動中の消防団員やパトカーの機動隊員らが巻き込まれた。

130603_fugendake03.jpg
▲見るも無残な機械部品。火砕流のすごさを目の当たりにする。

130603_fugendake04.jpg
▲大火砕流が起きた午後4時8分。昨年までは鎮魂のためこの鐘が鳴らされていたが、経年劣化により割れる心配があるとのことで、今年は島原市仏教会の追悼法要の中で、遠くで鳴り響くサイレンの音を聞きながらの黙とうとなった。

130603_fugendake05.jpg
▲雲仙岳災害記念館で行われた「第7回 いのりの灯」。地元の小中学生が手作りしたキャンドル約1000個に火が灯された。

忘れまい1991(平成3)年6月3日の日を。語り継ごう一瞬のうちに消えた43人のいのちのことを。合掌。
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: > おこめさん

> ちなみに上記写真のTさんも当時現場にいたけど、下の方だったから助かった。
>
> 僕は翌日、亡くなったテレ朝のSさんの奥さんを現場までお連れした。いたたまれなかったよ。(T_T)

忘れられません。あんな遠くに見える火口から噴き出した火砕流が、あっという間に多くの人命を呑み込んでしまった。怖かった。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。