スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪法の強行採決について

senzenJapan3.jpg

ついに特定秘密保護法案という悪法が強行採決された。

この法は今後の日本の行く末に大きな暗い影を落として行く可能性を大いに秘めている。

しかし、このことだけで失望し、悲観し、あきらめてしまっては、それこそ現政権の思うつぼなので、改めて問題点を整理し、今後も予想される横暴を食い止めなければならない。


まずは過去の反省から

こうなる危険性は、先の選挙で自民が大勝しねじれ解消をしたときからあった。

安倍は以前から憲法改正を含む右寄りの政策を標榜していたからだ。

当面は経済政策を優先し、民意を味方にし、参院選で勝った後は、自分の信念である「憲法改正」に突き進むであろうという戦法までも見えていた。

論点① しかし現政権が選挙公約にも、所信表明演説にもなかったこの法案を提出し、問題点山積の中、強行採決するのは全くの数の横暴であり、ペテン的行為である。

 国民をだませないように選挙公約にない法案を提出するのは無効とする制度が必要ではないか。ましてやこの法は憲法違反である。


論点② 国民はこうなることも予測して、必ず選挙に行って、慎重な投票をしなければならない。全面的に信任したわけではないと、後から反対運動を起こしても中々難しい。


と言いながらも、あの選挙自体にも問題があった。

論点③ 野党や選挙区の対立候補に力がなく選択肢が余りにも乏しかった。

 やはり、選挙制度改革が必要ではないか。小選挙区制が果たしていいのか。立って欲しい人が立候補しやすい制度に。金がかからない選挙に。
 

論点④ 秘密を持てる権力をもった政権は引き続き、米軍と共に戦争ができる体制づくりとして集団的自衛権の行使や、憲法改正などを行うための法案などを年明けから提出するに違いない。

 まずは現政権を支持しない。政権が恐れているのは支持率低下。支持率を低下させ政権維持をさせない。


論点⑤ 与党の中にも真っ当な考えをもつ勢力がいるはずである。分裂を誘導し、対立軸を結集させる必要がある。そのため、引き続き反対運動や政策世論を高めていく必要がある。

 とにかく現政権の横暴を許さない!
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。