スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本は侵略国家だったのか」渡辺昇一

安倍首相が次々に打ち出す右寄り政策が怖い。

沖縄、普天間基地の辺野古移設を仲井真知事に力ずくで承認させた翌日、念願の靖国神社参拝。

年始に余裕で15回目のゴルフを興じた後、早速、彼にとって本丸の「集団的自衛権」に取り組む。

各界からの様々な批判は、全く聞こえないばかりか、意気揚々としているかに見える。


そんな中、とある本屋でこの本に目が止まった。

保守の論客として名高い渡辺昇一氏の執筆である。

かねがね右寄りの政治家や思想家が口にする「日本の自虐的史観」。

その源流は、この戦勝国が一方的に敗戦国を裁いた「東京裁判」から発している。

では、それと全く逆の「パル判決書史観」とは・・・

nihonshinryaku.jpg

東京裁判は日本を一方的な侵略国とする歴史観を日本人に植えつけた。
しかし、裁判を取り仕切ったマッカーサーも昭和の大戦は、「自衛の戦争」であると認めている。
なぜ東京裁判史観が、今なお日本に影響を与え続けているのか。
それは、敗戦利得者である悪質な外務官僚や悪質な旧社会党系の人々によって悪用され続けているからだ。
悪質な東京裁判史観に対する最も強力・有効な解毒剤として、パル判決書の見解が、一人でも多くの日本人、いな、世界の人々に知られることを強く希望する。(内容説明より)


確かにパル判事のいう通りである。彼の冷静な視点と正義感に改めて敬服する。

しかし、これをもって、ここでもう一度「東京裁判」をやり直してもらうのか。

死刑になったA級戦犯7人を無罪にしようとするのか。

靖国参拝を正当化しようとするのか。

中国、韓国の考え方を変えてもらおうとするのか。

それは違うだろう。

歴史に後戻りはできない。


少なくとも、問題が多かった東京裁判をも受け入れざるを得なかった反省を含めて、「日本のこれから」を考えるしかないのである。

問題は、現政権の政策が果たして日本のこれからにとってどうなのかであろう。

明らかに時代に逆行している。

「積極的平和主義」??「懐古的軍国主義」にしか見えないのだが。
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。