スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」第3回禁教のマリア観音と聖クララ

FukkatsuNoOka_Logo.jpg

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難」

IMG_179191783633831.jpeg
第1回「信徒発見のサンタマリア」(4/25OA)では、世界を驚かせた信徒発見の出来事を通して、浦上キリシタンの「勇気」を、

DSC_0952.jpg
第2回「乙女峠の聖母マリア」(5/28OA)では、信徒発見後に起こった明治政府の新たな迫害と、それに堪えた浦上キリシタンの「信念」を、描いてきました。

efumi01.jpg
そして第3回「禁教のマリア観音と聖クララ」は、信徒発見以前の禁教時代の話に移ります。

6/25(水)18:25~18:55「スーパーJチャンネルながさき」内の特集でご覧ください。

1614年の全国的キリシタン禁制から1865年の信徒発見までの250年間、

浦上のキリシタンはなぜ、潜伏しながらも信仰を守り続けることができたのでしょうか。

よく言われるのが、帳方・水方・聞役という「潜伏組織」の存在と、教会暦「バスチャン暦」の存在。

しかし、それだけではなく、大きな理由がありました。

潜伏したキリシタンは哀しく苦しいものですがが、キリシタンを取り締まる奉行所にも、また檀家がキリシタンではないと保証しなければならない旦那寺にも、それぞれの立場とそこには同じ人間がいました。

共に同じ地域で暮らす者同士、、そこには同じ人間としての「慈愛」があったのではないでょうか。

bonodori.jpg
関連記事

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 長崎 テレビ 信徒発見 浦上 歴史 被爆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最愛の人と別れました。

誰かに言いたくて、この場をお借りします。
母子家庭で9歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
私はここで人生がかわりました。
困っていることを伝えたら、すぐに助けてくれたんです。
すぐにお金持ちになれます。
本当に知りたい人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
すぐに教えますから。

> 世聞へ

サポートどころかマネージャーをやるつもりです笑

No title

タナカハルナちゃんのサポート頼むばい!!(笑)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。