スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権のすべてに反対する

自分は「左翼」だとは思っていない。
天皇を尊重するこの国が好きだし、日の丸も君が代も自衛隊もあっていいと思う。
安倍独裁政権
しかし、安倍政権が登場し、その国家主義的な思想をベースに、数を頼んで国会を強引に動かし、立憲主義をないがしろにするのを見て、今この政権のなすことすべてに反対している。あまりにこの政権は極右で危険である。むかしの自民とは全く違う。言わば安倍独裁政権である。

安保法の強行採決 ナチの手口
その政治手法がまた国民を愚弄している。
選挙の時は経済政策を訴え、数を勝ち取ると本音を出し「国家秘密保護法」を制定し、「集団的自衛権」の容認を閣議決定し、「戦争法」を強行採決してきた。今度はいよいよ彼らの本丸である「憲法改正」に手をつけようとしている。

麻生ナチス
「ナチスの手口を学んだらどうかね」とは麻生の言葉だったが、冗談だったとは思えない。ある意味「合法的なクーデター」だと思う。

そして、その支持母体である「日本会議」のことをなぜマスコミはもっと報道しない??

彼らは、先の戦争は自衛戦争だったとし、敗戦処理、いわば「東京裁判(極東国際軍事裁判)」を認めない。「日本国憲法」は勝者アメリカからの「押し付け憲法」だと軽蔑し、「明治憲法」の復権を目指す。時代錯誤も甚だしい。

そして戦後70年間、この憲法の「平和主義」によって世界的に信頼を得た平和な国日本をぶち壊すどころか、「基本的人権」や「国民主権」まで葬ろうとしているのだ。

国民は果たして彼らの「日本国憲法改正草案」を読んでいるのだろうか。おそらく百人に一人も読んでいないだろう。メディアもあまり取り上げない。簡単に言えば「国民あっての国家」ではなく、「国家あっての国民」だから、国民は国家に従えという憲法だ。

日本国民よ。それでいいの?彼らの暴走を甘く見ているのんきな国民よ!
きっと戦前の日本人もこうだったのだろうか。

ある日突然、菅官房長官がこう発表するよ。
「本日未明、安倍総理大臣が緊急事態を宣言し、中国と交戦状態に入りました」と。
悪夢以外の何物でもない。

何も大げさではない。軍靴の音は一歩ずつ一歩ずつ聞こえてる。だから日ごろからそちらの方向に一歩も近寄らない心構えが必要なのだ。

平和は軍事力では保てない。外交努力と民間交流だ。平和憲法の下、それをやってきたではないか、戦後日本は。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。