涙雨の投票日

2007年4月22日(日)は、長崎にとって忘れることができない投票日となった。

この日、朝から降り始めた雨は次第に雨脚を強めた。
行かなきゃ・・

あの事件がなければ伊藤市長の四選は確実だったであろう。
誰一人予測できなかったあの忌まわしい事件さえなければ・・・

しかし、現実は現実。起こってしまったことはどうにもしがたい。
長崎市民は平和都市ナガサキを継承してくれる次の市長を選ばなければならない。

意中の候補者を書く手に思わず力が入る。

皮肉にも「明るい選挙」啓発ポスターが叫んでいる。
「未来をひらく その一票」

そう未来を開くためにも、テロに屈してはならない!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あの銃撃には、ショックでした。。
でも、前に進むしかないですね。。

いい人がなってくれて、とりあえずよかったね。
さて、今からだけど・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア