七高山巡り(金比羅山/秋葉山)完結編

昨年大晦日から始めた七高山巡りをきょう、ようやく完登した。別荘に入る(入院)前には終わらせときたかったので、天気が良いきょう、思い切って望んだ。

いろいろあって、残していたのは金比羅山と秋葉山。さてどういうルートで行くか・・・ネットでまたナガジンの「長崎近郊の山・七高山巡り」をチェック。

悩んだ末、最終的に取ったコースは、まずは立山までバスで上り→金星観測碑→金比羅山→諏訪神社(月見茶屋で昼食)→シーボルト通り→長崎街道→本河内水源地→妙相禅寺→秋葉大権現→烽火山→七面山妙光寺。いや~歩いた歩いた。万歩計は28,651をカウントしていた。

しかし、最後の烽火山→七面山妙光寺で飛んだことが起こった。下りる道を間違えて、竹林に迷い込んだのだ。

放浪すること1時間余り。風倒木がそこらじゅう重なり合っていて、足元は不安定、つかまった木はほとんどが枯れ木でパリっと割れて、バランスをくずす。歩けば歩くほど深みにはまる。まずい!戻らなきゃ・・・いやこのまま行ける・・・と何度も登ったり、下ったりを繰り返した。

身体中、傷だらけになって、マジ遭難するかと思った。こんな所で遭難したら笑いもんだ。消防隊やヘリが僕を捜索するシーンを思い浮かべた。冗談じゃない!
何とか七面山への下る道を探し当てた。ホッ・・・


思い起こせば、昨年の大晦日の午後から思い立って始めた七高山巡り。ちょっと変則だったなぁ。
3/31 七面山・烽火山
1/1 岩屋山
2/11 豊前坊・英彦山・愛宕山
4/28 金比羅山・秋葉山・烽火山・七面山

考えてみたら、2/11ときょう4/28の二日で、七高山巡ってるじゃん??(笑)
元々、愛宕山と岩屋山はどちらでもいいらしい。ただ、きょうの秋葉山→烽火山→七面山の通常とは逆コースは絶対にダメだ。遭難してしまう!

今後のために、「おすすめ七高山巡り」を提案しておこう。
第一日 まずはウォーミングアップのつもりで登りやすい①金比羅山から。諏訪神社から登るのはちときついので、立山公園までバスで行ったがいい。県指定史跡・金星観測碑もおすすめ。余力があれば、続いて第二日分も登ってもいい。
第二日 新中川町電停→鳴滝高校→日本一狭い道路→②七面山妙光寺→③烽火山→④秋葉大権現→妙相禅寺。二日目から始めて余力があれば第三日分へ
第三日 聖母の騎士高の先から登る→⑤豊前坊→⑥彦山→⑦愛宕山→風頭→若宮神社。

これで七高山巡りは終わりだが。岩屋山も好きなときに登ったがいい。おすすめは小江原までバスで上り、警察学校の横から登れば案外楽。下りは滑石の岩屋神社の方へ下りたがいい。岩屋神社は由緒ある神社だからお参りを忘れないように。元々正月の無病息災を祈った慣わしだからね。

・・ってことで、なんだかんだで僕の七高山巡りも終了。
こんだけ巡れば、さぞ、ご利益があるだろう。

写真は左から、金比羅山の祠と一体となった黄檗宗禅僧・木庵が書いたといわれる「無凡山」の文字がある石碑。後ろは永代常夜灯。中央は、烽火山からの眺め。折りしも長崎帆船まつりの期間中。三艘の帆船が見える。右は、七面山妙光寺。咲き誇るツツジが綺麗だった。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おぉ~~、七高山巡り、完結しましたか、すごい~~~!!
それにしても、道に迷ったと???危ない危ない!!!
決して高いわけでもない金比羅山に数年前野草取りに行った老夫婦が、まだ発見されていません。
山も海も侮れない・・やっぱり自然の力は大きいですよね。
ともあれ、無事下山できてよかったですね!

そう侮れない!
と思って何度も道を確認したんだけど・・ダメやった。
「山は引き返す勇気」これを持てるか、否かは命懸けよ。

実は帰崎の度に「昔よく遠足で登った金比羅山って、どう行ったかな・・」とふと思いがよぎる事が有る。
26回生ギター部で行ったのが最後の記憶だけど、
その時いたっけ?  なぜか大きな岩の下に皆で座ったのはいいが・・、傾斜が意外とキツく座っておにぎり食べるのに力がいった『転がるので地面に置けなかった(笑)』・・・、岩屋山は帰省毎に実家の滑石サイドからほぼ直進、岩屋神社へ膝が笑いながら降りてくる。最近ちょっとした山に登るとき、尾根伝いを好むようになった。1メーターくらいの幅の両サイド絶壁の道を歩くとき、「このスリル感が物心ついた時から、たまらなく好きだった」事を痛切に思いだす。

ギター部で行った覚えはなかよ。何でだろうね?
金比羅山は小学校のころからよく登ってたけど、浦上天主堂横の道から登るのが多かったね。最近は立山から登るのに慣れた。金比羅神社はあるし、「ドンク岩」があるハタ揚げ公園を通る道が楽だし、楽しいからね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア