松枝淳一フランス音楽ア・ラ・カルト

附属中学のときの同級生のピアニスト松枝淳一くんのコンサート「松枝淳一フランス音楽ア・ラ・カルト」。台風4号が北上、接近するなか、何とか開催した。

主催は、プロジェクトF21(Fは附中の頭文字。21は21回生という意味)。いわば同級生の実行委員会だ。彼が5年前にカナリーホールでピアノリサイタルをしたときに結成したプロジェクトだ。

今回は友情出演として、同じく同級生の西村智子(メゾソプラノ)とデュオ・スール(松田洋子(=同級生)と大塚裕子の姉妹のピアノ連弾)にも出演してもらった。同じ学年に3人も芸術家がいるってすごくない?

当初の台風の進路予想では、開演時間に台風の暴風域にズッポシ!
下手すると開催自体を中止しなきゃけない可能性は高かった。全く考えなかったけど(実は考えたくなかった)。いやはや、こればっかりは神頼み。。。

結果、何とか鹿児島上陸の前からスライスしてくれてセーフ!
心配された客足も何とか保てて、会場は満員。同級生もたくさん聴きに来てくれた。来ていただいた恩師もご満悦、とりあえず成功。ほっと胸を撫で下ろした。
これもF21のパワーだ。

飛行機や船がほとんど欠航する中、さすがに東京や博多や五島からのお客さんが、来れなくなった事態は発生したが、一方でJRも運休する中、博多からバスやと車でかけつけてくれた同級生もいて、嬉しかった。

松枝くんの透き通るようなピアノの音、西村さんの迫力ある歌声、デュオ・スールの華麗なる連弾が旧香港上海銀行に響き渡った。お客さんは大満足されたようだった。

この企画は昨年末、彼が来崎した際、一緒に考えた企画。あれから8カ月。
今回も多くの方に支えられ、成功できた。ありがたい。

ほっとした。よかった。本当によかった。。。

写真左は、荒天の中、足を運んでいただいた聴衆。
写真右は、松枝くんと、彼が幼少のとき実家のピアノの調律をしてくれてたという中村さん。偶然の再会だった。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あいにく参加できなかったけど、盛会でよかったね♪
ホンシャン銀行と松枝君のピアノ、メゾソプラノとデュオスールはマッチしただろうな。

うん、本人も気に入ってたようだよ。
また機会があればやりたいと思います。
そういえば、来週8/3はホカさんたちの歌のコンサートがこのホールであるよ。
僕の従姉妹も出ます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア