46.博多ん屋台と学生

博多の学生にとって、屋台は深夜の社交場だ。
それほど、いつもの友人や先輩後輩と、初めて知り合った人と、コンパの帰りに、コンサートの打ち上げで、と通ったものだ。

僕の常連屋台は、東区の由緒ある筥崎宮の参道に出る「花山」だ。
夜12時を過ぎ、小腹が減ってくると必ず行きたくなってくる。網屋町に下宿していたときは、大学通りを歩いて2分の距離だったから、ほとんど毎日のように通った。

真っ白な布に「花山」の文字が書かれた暖簾をくぐると、湯気とともに客の熱気がモワッと溢れて来るのが何とも心地よい。
「えらっしゃ~い!!」。いつものマスターの景気のいい声に、その日の疲れの半分が癒される。

定番コースは、まずはビール。ほんでバラ・レバー・スナズリ・トリカワなど焼き鳥を注文。それが焼けるまでに、スジ・タマゴ・ダイコンのオデンをちょいとつなぎに。お金に余裕があるときはタン(レモン汁につけて)とか、手羽先(塩コショウだけの)をカブっと。そして最後はラーメンで締めるというのがお決まり。これで2000円+α という学生にとってはありがたい良心的な価格だ。

ラーメンだけ食べに行くというのも結構あった。あの甘めの豚骨スープが、何ともまた食べたくなるのだ。あのスープには麻薬が入ってるのではないかと思うほどだった。

果たしてその社交場で何を語り合ったのだろう?・・おそらく全てである。
むかしのこと、きょうのこと、あしたのこと。政治問題から気になるあの子のことまで。他愛のない話から、真剣な議論まで。飲む相手によって様々な話題をあの場で語り合った。

昨今、博多のまちから屋台が消えるという話を聞くたび、淋しい思いがする。
自分たちのあの思い出まで消されてしまいそうな気がするからだ。

博多ん屋台は文化たい!そして博多ん屋台は青春そのもんた~い!!

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「屋台」なつかしい響きです。
私も彦根市にいた時、真夜中に友達といったことを
思い出します。
そこで初めて「すじ」を知りました。
グラスにかんしたお酒をなみなみ注いでもらい
おでんをつまんで最後はラーメンを食べたのを
思い出します。
値段は、学生料金だっとことぐらいしか記憶に
ないです。でも、ラーメンはおしかったのを
いまでも忘れません。
さすがに小牧市には、屋台はないですね。
青春のいい思い出ですね。

彦根にもあったんですね?
屋台は特別な空間ですよね?
居酒屋とは違う。何か落ち着きます。
名古屋市内にはあるんでしょうか?

網屋町には私もいたのよ、、、 赤のれんはないし 酒屋もないし ただ 古い米屋が残っていた 六月に行ったらさ。。。 マンクラなど文科系も盛んだったね わがホッケー部は消滅状態だ 昼だったから 花山が続いているか分からんかったけど 箱崎宮前には まだたたんだ屋台があったよ ミラノで屋台をさがそかな?

そう・・・あの辺も変わったんだろうね・・
「花山」はあるはずよ。
そう、長崎県庁前から浜の町に下る築町の坂の途中にも「花山」があるんよ。
もう、びっくらして、思わず飛び込んだ。花山の暖簾分けした大将だった。屋台じゃないけどね。
ミラノに屋台あったら写真撮ってきてね!

初めまして。気になって、最後まで一息に読みました。
私は、屋台に、行ったことがありません。小雨の降る秋の夜、穴のあいたジーパンはいて、透明のビニール傘片手に屋台に行くことが夢です。
思い出は、人からは逃げないと思います。だから、思い出に逃げている自分を、反省しています。

昭和54年から7年間サラリーマンをしていました。
その時名古屋駅前に勤めていました。
確かうる覚えですが屋台のラーメンを食べた記憶が
あります。もちろん博多の屋台とは比べられませんが。
いまでもあるかは、わかりませんね。

窓辺のカフカさん、初めまして!
それにしてもいい名前ですね~。昔、カフカの「変身」を読みましたが、いっちょん(長崎弁で「全く」)意味が分かりませんでした・・(^^ゞ
「思い出に逃げている」と考えるのか、「昔を大事にしている」と考えるのか、要は自分次第。前向きでも後ろ向きでもいいじゃない。
「今を生きている」ということだけは確かだよ。

あにじゃ様、心強いコメントを、どうもありがとうございます。私は九州を訪れたことがないです。長崎は海が綺麗だと聞いたことがあるので、いつか夏に訪れたいです。
あにじゃさんは、村上春樹さんの著書をお読みになりますか?私の好きな本に、「海辺のカフカ」というのがあります。
音楽も好きで、「展覧会の絵」や「威風堂々」が好きです。

海は綺麗だよ。もちっと正確にいうと、海自体が綺麗なのは沖縄、海岸線が綺麗なのが長崎、だと僕は思います。
遠藤周作が愛したという角力灘も綺麗だし、五島の海も綺麗ですよ。
村上春樹だったんですか・・・ごめん、今度読んでみるね。
僕も「展覧会の絵」も「威風堂々」も大好きです。
「威風堂々」は一日体験オケでチェロとして出演しました。気分が高揚しましたぁ~~
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア