この指とまれに、とまり続けて

さっき、このサイトにアクセスしたら、事務局広報部から重要なお知らせが・・・
そっか、ついに来るときが来たか・・でも、別に驚かない。

創業者の小久保さんとは、有限会社ヌーベルバークのころから、お付き合いさせていただき、様々な思いを共有させていただいた。
小久保さんは素晴らしい方だ。

その小久保さんも去り、ゆびとまは、いろんなことがあったけど、僕はどんなことがあっても、最後までこのサイトと運命を共にしようと心に決めてきた。

例え消滅しようとも・・これは僕のこだわりだ。

経営譲渡もいいだろう。
新たな会社が立ち上がったが、その社名に「この指とまれ」の文字が残っているところを見ると、まだまだ創業者の精神は息づいているのだと信じたい。

創業者精神が残っている限り、最後までとまり続けます!!
頑張れ!!この指とまれ!!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

末期症状になってしまったようですね・・・。

うん、でも、これがまたスタートだと思って頑張って欲しいね。

こないだの事件があって
このまま残る!と去る人に別れた事でした。
私は行きがかり上とどまるにしてるけど。
長崎に本社があったのに
あまり知らないよね?みんな。
私も関東へ行った友達に誘われて入って知りました。

ゆびとまには近い人がいました。
だから僕は特別な思いがある。
ただ、ここまで何にもしてあげれなかった忸怩たる思いがあります。
僕がとまり続けようと思うのは、せめてもの償いなのです。

事務局からのお知らせで長崎に会社があったのは、ビックリでしたねー
僕自身は、このサイトで文字だけかもしれいないけど、素晴らしい方達と知り合えたので、停まり続けますよー!

何もして挙げられなかった・・・
そう思ってるのに、売られたのは私達よ。
見事に持っていかれたわね。

ありがとう。イックン!

裏では、いろんな事情があると思います。
例の事件も、ゆびとまはある意味、被害者だったのだから。

あるのも、被害者といえばそうで、創立者も無念だろうと思います。
あれが、ターニング・ポイントじゃなかったのかな。

あのときもっと、ゆびとまも説明すべきだった。悪評、というより必要以上の不安感がユーザーに蔓延した。
それも含めて対応が悪かったのは否めないけど・・・
ま、この場に及んで過去のこと言ってもしょうがない。
問題は、これから先のこと。
プラス志向を期待したい。

あにじゃ、ポイントはもっと前!
周りはバタバタしてるけど
私は、いつもの通りかな。
今さら、しょーんなかもんね。

つまり、株式会社 ゆびとま は消滅しちゃうんですね。。
あぁ。。無情。。。
でも、あにじゃさんに出会えてよかったです

ま、そうやけどね・・・
いよいよってときに、しっかりせんばと思うて。

うん、でもこのゆびとまサービス自体を続けるための積極的な買収だと思うよ。
最後まで、僕は付き合うよ。
そんな別れの言葉みたいなこと言わんよ~(笑)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア