4.弟誕生

1959年2月9日、長崎大学附属病院で弟、純雄(すみお)が誕生した。
3つになったばかりの愼一郎にとっては、新しい家族が誕生した喜びよりも、母親の愛情が少し新参者に奪われていることを知ることで、自我が芽生えた。

どこにでもある話しだが、兄弟は性格が違った。両親や親類からふんだんに愛情を注がれ、素直に育った未(羊)年の兄に対し、その兄に対抗し、負けまいとする自己主張の強い猪年の弟。

羊猪兄弟は、いつも一緒に遊び、いつも喧嘩し、いつも泣き笑いを共にした。兄弟はよき友となり、よきライバルとなった。
そして兄弟は、当然のことのように、違った道を歩むこととなる。人生は分からない・・・

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

兄弟っていいね、いつも一緒にいて。
一人っ子のわたしにも(この際、異母でもいいから(笑))兄弟姉妹がいたらなって思う、ほんとうによ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア