問題多き初冬に思ふ

12月12日、32回目のインターフェロン投与をした。
ということは、ちょうど3分の2の通過点ってことだ。長いなぁ~。年が明ければ終わりが見えてくるかな・・・。頑張ろう。

ところで最近、マスコミを騒がせている薬害C型肝炎問題。ここにきて政界を巻き込んで国民的関心事となっている。

現在、露出度抜群となった福田衣里子さんは、長崎出身、僕の高校の後輩だ。僕が治療を決めたころから彼女のブログにお邪魔して、元気をもらったり、コメント書き込んでいたのだが、最近あっという間に認知度が高まり、掲示板荒らしに遭って書き込みができなくなってしまった。

1年前、彼女の刺繍展を見に行ったりしてたから、彼女には特別な思いがある。訴訟の原告っていえば、何か強いイメージがあるかも知れないが、彼女自身は明るくてユーモアあふれる心優しい女性だ。人と違う点といえば、いつも前向きだってことかな。

最後の最後まであきらめずに頑張って欲しい。


この問題で痛切に感じること。「所詮他人事」ってことだ。製薬会社も厚労省も政府も・・・。人間は自分の身に降りかからないと「本気に」ならない。保身と建前に終始する。

特に「官僚」。このところ日本の「役人天国」の悪弊が噴出している。この問題に限らず、年金問題も、役人の汚職も、警察の不祥事も。彼らは国民の血税を何と思っているのか。

彼らに決定的に欠落してるもの。「責任」だ。誰がどこでどう決めてやっているのか、国民に全く見えない仕組みがそもそも悪弊の根源だと思う。

すべての官僚を民営化して欲しいぐらいだが、まずは担当者の名前を、そして責任者の名前をしっかり名乗らせることを義務付けさせてはいかがだろう。

黒猫はしっかり見ているぞ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア