緒方明監督の名言

独立少年合唱団」でベルリン映画祭新人監督賞はじめ数多くの賞を受賞、「いつか読書する日」ではモントリオール映画祭審査員特別賞を受賞された緒方明監督と仕事の関係でお会いした。

監督は佐賀出身だが、小・中学を長崎で過ごされた。
実は、氏の実兄とは親友だった関係で当時、よく家に遊びに行ったものなのだ。

氏は体も人間もスケールがでかい方だ。
映画やテレビの映像の世界で長く経験を積まれただけに言葉に重みがある。
現在「日本映画学校」の講師もされている。

映画界の裏話や「いつか読書する日」の制作秘話はじめいろんな話をユーモアたっぷりにしていただいた。

その中で印象的だった言葉をいくつか・・・

映画づくりのキーワードは「見つめる」「感じる」「伝える」だ。
人は「かつて」と「いつか」があれば生きていける。
ふるさとの魅力は、何もそこの風景や食べ物だけではなく、そこに生きる人々の魅力でもある。

人を感動させる職業は素晴らしいが、そのためには常人では想像もつかない経験や考え方を持たれている。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すぐれた物を作ったり、何かの表現をする人達は常人ではないよね。デザインの世界でも一緒なんですが僕は尊敬の意味を込めて、人非人と言ってます[:ワーイ:]。僕も人にあらずと思いながら生きてきたつもりけど、凡人の自分はやっぱり普通のサラリーマンという人で終わりそうです。[:大泣き:]。

私も本館で待機しないで緒方監督の話、聞いてみたかったです。来年も緒方監督呼んでください。

人非人!?!そら~あまりにヒドイ!![:笑い:]
残念ながらtaotao7のお仕事のことよく知りませんが、きっとご謙遜でしょう。
あたしゃ、凡人以下なのに、半世紀経っても自覚がなく、未だに夢ばかり追ってる変なオジサンです[:大泣き:]

審査の間、会場ではCM制作ミニ講座をやっていただいたんだけど、それが面白かったらしいよ。僕も見られなかった。[:大泣き:]
今度、仕事抜きで会ってもらいましょう。映画のこと語らせたら日本一だよ。

ぎゃ~~、本当???やったぁ!!
聞きたい~~~

いいな~。

>ふるさとの魅力は、何もそこの風景や食べ物だけではなく、
そこに生きる人々の魅力でもある。
↑↑↑
まさに、その通りですね!!
自分みたいな人間だと、やっぱり視覚に頼って
しまいますが、本来の魅力はその土地に住んでいる
人から溢れ出てくる活気なんですね!
凄く勉強になる言葉です(^o^)
この映画監督さんは、凄く広い視野のあって
色々な角度から物事を考えられる方だというのが、
あにじゃさんの紹介してくれた言葉から伝わって
きます♪

それこそ「いつか」・・・
愉しみにして生きていこう!![:ワーイ:]

もしそうなったら、taotao7も来る??

何かね、有名になったって、偉くなったって、謙虚さを忘れずに姿勢が低い人は、信頼できるし、尊敬できるよ。
ちょっと「肩書き」がついただけで、偉そうにする奴らが、周りには多すぎるよ。
経験を積んだ人は自分に自信があるから、虚勢は張らないのよね。

>あにじゃ
>もしそうなったら、taotao7も来る??
そうそう長崎に帰ることは出来ないよね。チャンスがあれば.....。

東京で会う機会があればいいね?友達の友達は友達だ!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア