5.入園

1959年4月1日、愼一郎は純心大学付属純心幼稚園に入園した。

昭和町から園がある文教町まで、子どもの足で20分ぐらい。年少さんのころは、近所に住んでいた梶原のおばちゃんに幼稚園までよく送ってもらっていた。

当時母は、家計の足しにするためアルバイトをしていたので、おばちゃんに兄弟の面倒を見てもらってたのだ。おばちゃんは僕たち二人の兄貴分として良く遊んでくれた「コウチャン」のお母さんだったので、「コウチャンのオバチャン」と僕たちは呼んでいた。おばちゃんは優しくて、よく遊んでくれた。「ざじずぜぞ」を「だぢづでど」としか発音できなかったので、兄弟でよく「コウチャンのオバチャン、象さんってゆうてみて!」とからかった。おばちゃんはニコニコしながら何回も「どーさん」と言ってくれた。

朝、幼稚園の門をくぐるとかならずマリア様の像の前でごあいさつ。「父と子と聖霊との御名によりて、アーメン!」。その意味は全く分からなかったが、神聖な神さまの前で言わなければならないものだということは子どもながらに分かっていた。

担任の鶴田先生は、シスターに成り立ての若くてきれいで優しい先生だった。大好きだった。初恋だったかも知れない。

キリスト教に対する親しみ、神に対する敬虔な気持ち、純粋なものに対する憧れが、小さな子どもの心に、気付かないうちに、でもしっかりと根付いた。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア