五島の教会群

現在、歴博こと長崎歴史文化博物館で「五島の教会群」が開催されている。

世界遺産の暫定リストに掲載された長崎の教会群とキリスト教関連遺産にも挙がってる五島列島の自然に溶け込んだ教会堂の美しい姿や、その建築に係わった人々、特に上五島生まれの鉄川与助について紹介している。

また、教会堂を生み出した信者の思いと、その背景にある五島のキリスト教の歴史もあわせて展示している。

浦頭教会の聖教木版画(「善人の最後」「悪人の最後」「最後の審判」)が印象に残った。これは「ド・ロ版画」と呼ばれるもので、ド・ロ神父がキリスト教の教義を信者にわかりやすく説明するために作成したものだ。県の有形文化財に指定されている。このド・ロ版画は外海歴史民族資料館にもある。

この企画展は、3階企画展示室で、3/31まで。入場無料。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

五島は確かに教会多いですよね。
しかも、こんなところにって所に。
隠れキリシタンの島でドロ神父のゆかりの地ですか。
鉄川与助って鉄川工務店を起こした人ですよね。
普段は、魚とか海とかしか頭に浮かばないけど、結構歴史の宿る街なんですよね。

昨年は上五島の教会をすべて回ってみたよ。車で行っても行ってもたどり着かない。それもそのはず。カクレ住んでいたのだから。
五島のカクレキリシタンは、外海から禁教を逃れて移住した人たちよ。
鉄川工務店は、与助の孫の鉄川進さんが経営している。こちらを。
ドロ神父は、信徒発見に立ち会った大浦天主堂のプチジャン神父と一緒に来日したフランス人宣教師。
明治の禁教が解かれてからカクレが多かった外海に赴任して、宣教だけじゃなく生活のための近代的なノウハウを村民に教えた。
歴史といっても、悲しい迫害の歴史よ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア