スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90.憧れの欧州旅行(10)~ロマンティック街道~

1989/8/8、バルセロナからフランスを飛び越して、ミュンヘンに降りた。

ミュンヘンはドイツ南部バイエルン州の州都。ドイツではベルリン、ハンブルグに次ぐ3番目の都市だ。街に入るなり、その一分の隙もないほど整然とした町並みに驚いた。スペインの町並みとは全く違う。さすが律儀なドイツ人が作った町だ。

ここへ来た目的は一つ。ロマンティック街道だ。

ロマンチック街道は、ドイツの中部にあるマイン川の流れる「ヴュルツブルク」(シーボルトの生誕地)から、アルプスへの入り口「フュッセン」(映画「大脱走」の撮影地)の間にある大小27のロマンチックな中世の町を結ぶ、全長約350㎞のドイツでもっとも有名な観光ルートだ。

しかし、そこをすべてゆっくり回る時間はさすがになかった。時間があれば、フランクフルトへ降りて、そこから南下するのがベストなのだが、今回はロマンティック街道の終点の一番最後の人気スポットをミュンヘンから辿ることにした。

3つの古城を巡るバスツアーに乗った。

これらの古城を語るときにまず紹介しなければならないバイエルンの王がいる。ルードヴィッヒ2世だ。

1845年、ミュンヘンのニンフェンブルク城で生まれたルードヴィッヒ2世は、少年時代をホーエンシュヴァンガウ城で過ごした。父マクシミリアン2世が中世の城跡に建てたこの城には、白鳥の騎士ローエングリンなど様々な中世の騎士伝説を題材にした壁画が飾られおり、彼はその頃から騎士伝説やゲルマン神話に強い興味を示しはじめる。やがて18歳でバイエルン国王に即位するが、執務を嫌い、美や芸術の世界に没入していく。国家財政を顧みず、ノイシュバンシュタイン城リンダーホーフ城などを築城したのだ。

まずは、そのリンダーホーフ城へ向かった。
この城は、ルートヴィヒ2世が建設した3つの城のうち、唯一完成した城である。ヴェルサイユ宮殿内のトリアノン宮殿を手本にして建てられたルネサンス様式の建造物である。

linderhof1.jpg
▲リンダーホーフ城


linderhof2.jpg
▲宮殿から庭園を望む(黄金の女神像の噴水が見える)

次は、最も有名なノイシュヴァンシュタイン城。おとぎ話に出てくるようなこの城は、ディズニーランドやディズニーランド・パリ、香港ディズニーランドにある「眠れる森の美女の城」のモデルの一つとしても知られている。
さすがに人気のスポットだけあって、観光客が列をなしていた。

neuschwanstein1.jpg
▲マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城

neuschwanstein2.jpg
▲マリエン橋から渓谷下91mを覗き込む


最後に、ノイシュヴァンシュタイン城からすぐ見える距離にあるホーエンシュヴァンガウ城へ行った。

hohenschwangau1.jpg
▲マリエン橋近くから見たホーエンシュヴァンガウ城

hohenschwangau2.jpg
▲ホーエンシュヴァンガウ城

ルートヴィヒ2世は現実逃避の傾向を強め、やがて奇行が人々に目撃され始めると、ついに家臣により捕らえられ、幽閉されてしまう。シュタンベルク湖畔で水死体となって発見されたのが1886年6月。死因ははっきりせず、いまだ謎につつまれているという。

こんな逸話といい、これらの城の美しさといい、ロマンティック街道は、まさにその名の通り、旅のロマンを否が応でも掻き立ててくれ、おとぎの国に舞い込んだような気にさせる場所である。

ミュンヘンへ戻ると、駅から東へ向かう列車に乗った。今回の欧州旅行の最後の訪問国オーストリアへ行くために。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いいな~ロマンティック街道!!
行ってみたいな~
車でゆっくりと全部回ってみたいよね。
そんで、アルプスに行って、オーストリアに行って、エーデルワイス見て!!

ぜひ、行ってみて!
思い続けていればいつかチャンスが来ると思うよ[:ウィンク:]
僕もまた行きたい!!

あにじゃさんどうも。
昨日と今日の2日間は、久々に音楽に没頭しました。
1人で、本物のようなサウンドを制作することが出来ますが
機材を熟知してないと、作れません。
しかし、昨年の後半から、親父の看病や葬儀、弟の看護が続き、ここのところずっと触ってなかったので、何曲も
曲を作っているのですが、操作をスッカリ忘れていましたよ。
継続は力なりとは、よく言ったもので、普段から続けてないと
良いものは作れないって改めて反省です。
お~~いよいよドイツだね。
ロマンティック街道は、TVでも時々紹介されてますが、
綺麗なところのようですね。
行ってみたいな~・・・。
マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城が1番綺麗だって、TV番組でもやってたね。
あなたは、本物を見て来たんだね。
羨ましい限りです。

音楽はいいですよね。すべてを忘れさせてくれる。
僕もきょうはさるいた後、ずっとチェロ弾いてました。
この城は、深い山合の中に忽然と現れる美しい城でもうウットリでした。近くに行くとなんてことないんだけど・・・
いわば富士山みたい・・・[:キャー:]
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。