ダイアモンド・プリンセス長崎里帰り

大分で梨園を営んでいる友人が久しぶりに来崎したので、たまには海を見たいだろうと、港へ連れ出した。

タイミングよくダイヤモンド・プリンセス(火事に遭ったのは、現在のサファイヤ・プリンセス。その後名前を入れ替えた)が里帰りクルーズで入港していた。近くで見ると、さすがにでかい!こんなでかい船を造るなんて、やっぱ長船(三菱重工・長崎造船所)の技術は大したもんだ。

長崎造船所は、1857(安政4)年、わが国最初の艦船修理工場「徳川幕府 長崎鎔鉄所」として設立され、以来数多くの船舶を建造してきた。その船舶の中で有名なのは、何と言っても戦艦「武蔵」だろう。当時軍事機密として、ドッグ全面が白い布で覆われていたという。

当時軍港としての長崎港は、市民が見てはならない「裏」として街並みができていた。

この数年で大波止ターミナルが新装、総合商業施設「夢彩都」や「出島ワーフ」、「水辺の森公園」や「長崎県美術館」が次々とオープン。

やっと「港が表」に戻った。かつての居留地時代。長崎港は「長崎バンド」と呼ばれ、外国船が行き交い、世界で最も賑わいある港であった。

夢を再び、NOVA(新しい)長崎バンド・・・

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

船はいいものです。
学生時代に、造船所で実習した(いただけだったが)貴重な経験が。タンカーでしたが、デッキからは船首がかすんで見えなかった。200メートル以上先だったから。
ソロバンドックがあったころの思い出も。やはり長崎は港町。

そんな大きな船には乗ったことがありません。今まで乗った一番大きい船は、阪九フェリーです(笑)
あの大きなジャンボ旅客機が何故飛ぶのか感覚的に分からないように、こんな大きな船が何故水の上に浮いているのか、不思議でなりませんでした。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア