さるくマニアⅠ~本河内編~

春の期間限定の長崎通さるくの「さるくマニアツアーⅠ~本河内編~」に参加してきた。

コースは、出島(集合場所)⇒(チンチン電車)⇒蛍茶屋電停⇒渡鳥塚(松尾芭蕉・向井去来句碑)⇒青銅塔⇒無縁塔本河内宝篋印塔聖母の騎士聖コルベ記念館ルルド松嶋稲荷神社水神神社⇒一の瀬橋

以下、ルートに沿って簡単に説明をすると、

1.渡鳥塚(わたりどりづか)

 松尾芭蕉の句と、その弟子で長崎出身の向井去来の句が彫られた句碑がある。

 め(原句は日)にかゝる 雲やしばしの わたり鳥  翁(芭蕉)

 故さとも 今はか(仮)り寝や 渡どり 落柿舎(去来)


2.青銅塔(からかねとう)

 1721年に起こった大水害の死者の冥福を祈って建てられた。


3.無縁塔

 1662年に痘瘡が流行し、死者2318人に及び、特に嬰児の夭折が多かった。これを悲しみ供養して建てられた。バックは聖母の騎士学園・修道会。異宗教融合の長崎らしいショットだ。


4.本河内宝篋印塔(ほんごうちほうきょういんとう)

 1811年、本篭町住の薬種商中村盛右衛門仲・嘉右衛門茂済父子が造塔施主となり、肥後の人豪朝が建てた供養塔である。


5.聖母の騎士・聖コルベ記念館・ルルド

 マキシミリアノ・マリア・コルベは、ポーランド人のカトリック司祭。アウシュヴィッツ強制収容所で餓死刑に選ばれた男の身代わりとなった事で知られ、「アウシュビッツの聖者」といわれる。ヨハネパウロⅡ世により列聖された。

 コルベ記念館横から階段を5分ほど登るとルルドがある。
 かの永井隆博士とコルベ神父は親交があり、このルルドの水で永井博士の首の原爆症が奇蹟的に治ったという。もちろん、僕も荒れた皮膚につけ、飲んでみた。これでグーーだ[:ワーイ:]


6.松嶋稲荷神社

 不呆尊神、いわゆるボケ防止の神。ここでももちろん、頭をなでなでして拝んだ。ご利益のためなら宗教を選ばない日本人がここにいた。[:ニヤリ:]


7.水神神社(すいじんじんじゃ)

 ここには河童伝説がある。→こちら


8.一の瀬橋

 長崎街道の出入口である一ノ瀬橋のたもとに旅人歓送迎の茶屋があった。ここには蛍の名所で蛍茶屋と呼ばれた。


このさるくマニアは初めて企画され、人気で2組編成となった。さるくガイドの方も多数参加されていたようだ。

通さるくは通常2時間でさるくが、きょうは3時間かかった。

しかし、この周辺は長崎でも由緒あるところで内容が濃く、時間が足りないぐらいだった。特にコルベ記念館などは別途ゆっくり見学したいところだ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本当にマニアックです。
あにじゃ、さらいてまわってますね。
どれもこれも、全く知らないところです。場所も僕が住んでたところとは離れているので、行く機会もなかったですが、このような碑は廻りにもありましたね。ちゃんと調べるとそれぞれ由来があるのでしょうから、面白いでしょうね。

はい、さるきをさらいてます[:キャー:]
ちゃんと調べだしたら、きりんなかばい。長崎学の古賀十二郎や越中先生の弟子にならんばいかん[:ウィンク:]

ぶらぶら節の先生と精霊流しの先生やね。

長崎学も奥が深うて難しい。
そういや、こん前の長崎検定の1級試験は合格者が1桁しか出なかったらしかばい[:ビックリ:]

オレンジ色の上着着ている人・・・一瞬、磯田かと思った。

本人見たら、きっと怒るよ。両人ともだけど[:イイー:]
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア