稲佐山つつじまつり

GW後半の初日、5月3日は「稲佐山つつじまつり」に行ってきた。

我が家から車で5分!出費ゼロ!これぞ安近短の過ごし方の見本であろう。

稲佐山(333m、東京タワーと同じ)にはいろんな施設があり、それぞれの楽しみ方ができる。標語風に紹介してみよう。


草はなくても子は滑る(草スキー場、写真左)

つつじは満開を少し過ぎていたが、多くの家族連れ、グループ、介護施設のご老人たちが、お昼のひとときを楽しんでいた。


鹿を撮るより孫を撮れ(動物園、写真中)

忘れちゃいけない。稲佐山には鹿や猿がいる。わざわざ見るために登って来ないが、来たら見てしまう。そして癒される。


夜景千万、昼いくら??(展望台、写真右)

ここには数えられないほど来たが、やっぱりここの展望はいい。感動する。何度見ても飽きない。

東はこの展望、北は岩屋山から大村湾、西は伊王島から遠く五島列島、南は女神大橋から野母崎半島まで360度、一望できる。

夜景はというと、昔は「100万ドルの夜景」といっていたが、全国の夜景が同じ呼び方を始め、インフレになって、今は「1000万ドルの夜景」と主張している。夜景の写真はこちらがパノラマで綺麗だ。

来週の花火の撮影は、ここからにしようかな??前回の失敗のリベンジを期して!!


◆その他の施設

野外ステージは、一昨年まで、さだまさしが平和コンサートをするなど、たまに利用されている。きょうも市民のド演歌が聞こえてきていた。

長崎ロープウェイは淵神社から運行中だが、稲佐山の駐車場から頂上までのスカイウェイは昨年度末で休止、代わりに乗り合いバス(100円)が運行中だ。

あとは、放送局(NHK、NBC、KTN、NCC、NIB、FMN)の送信所があります。入ったこともあります[:ウィンク:]
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

我が家も定期券使って行ける所へつつじと「さるく」をやってきましたが、GWは安近短が楽でいいです。 稲佐山。懐かしい。小学生の時のマイ裏山ですから。日曜日になるとあんパン買って、自作のスキー板持って登ってました。草スキー場と言っても、普通はそり、又は段ボールで滑る程度ですが、僕等は板履いて立って滑ってましたよ~(自慢顔) 材木屋さんや建築現場で敷居に使う溝がある板を貰い、ロウソクのワックスを塗って、平な方に靴を乗せるばしょをつくるんです。 曲がることは出来ないけど、よく滑りましたよ。7~80mは行ったかな? 草スキーは思い出一杯です。

あはは~、楽しそうなtao餓鬼7が思い浮かばれるね。
僕たちの子どものころはいろんな工夫して遊んだよね??
何か今の子って、いろんな遊びが回りにあるから、単に選択してるだけみたい。
僕も家の前の坂で、竹や板切れ加工してスキーや雪ソリ(スノーボードじゃない!)してた。
浦上川に向かって滑るから、最後は止まり切れないから、如何に直前で曲がるかを工夫していたよ。
この命をかけるのが楽しかった!![:キャー:]

坂道で思い出した。 トロ箱ばらして、十字に組んで、その下に戸車付けて、坂道下ってた!今だと考えられないけど、長崎のあの急な坂をどうやって止まってたんだろ。

最後は、飛び降りるか、わざとこけるしかないさ~~[:キャー:]

こんにちは~
私のブログに
コメントをありがとうございました。
ブログ拝見させてもらいました。
私は九州地方へ行ったことがないので
長崎の景色など・・
あにじゃさんのブログで見るのが・・
これから、楽しみです。

じゅんさん、ケルンありがと。
ぜひ、これをきっかけに九州にもきてくださいね[:ウィンク:]
いいとこ多いですよ~~[:棒人間3:]
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア