浦上天主堂~光のページェント

ながさきクリスマスページェント2008~市民クリスマスコンサートの浦上天主堂ステージでのアンサンブルβのリハーサルで、久しぶりに浦上天主堂を訪れた。

そう、ここでプラハバロック合奏団のクリスマスコンサートをしたのが4年前だったなぁ。

あのときもリハーサルで堂内に入ったとき、ステンドグラスの光が丁度、馬小屋の御子に差し掛かり、何か奇跡の瞬間に入ったような感動を覚えたのだった。

普段、私たちは光の中にいる。でもその色を感じていない。認識するのは形ばかり。無味乾燥な数字や文字の羅列、人工的な直線の組み合わせによる構造物。

やさしい光につつまれていると、こころが次第に安らいでいく。ましてやそこに、いい音楽が響けば申し分がない。














関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あの浦上天主堂、知らない間にこんなにキレイに
変貌してたなんて・・。
近頃目にチカチカ痛い街のイルミネーションとは格段に違う
やさしく幻想的で、ナカナカではありませんか。
ここにしばらく佇み、ボーッとしてみたいかも!

キタシン(旧ヌテオク)さま、あけおめ!
年越しレスです。
あなたの庭であったこの天主堂はやはりすばらしいよ。
戻ってきたら佇んでみてください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア