映画三本立て

遠い昔の話だが、セントラル劇場でよく三本立てを観たものだ。

戦争映画、マカロニウエスタン、恋愛もの、スパイもの、ドタバタ喜劇、なんでんかんでん、まとめて3本。

新世界の地下にあった名画座が1本80円、今のニュー長の地下にあったニュース劇場が1本110円ぐらいのころ。3本で150円ぐらいじゃなかったっけ??よく思い出せない。

やたら映画に飢えてて、でも金がない中学、高校生のころだったから結構、利用させていただいた。

似たような映画を3本続けて観たら、家に帰って思い起すと、頭ん中で結末がごっちゃになったりしたもんだ。

スクリーン毎に違った映画が上映され、強制的に入れ替えさせられる今のシネコンの全盛を思えば隔世の感がある。

土日に久しぶりにこの三本立てを観た。と言ってもレンタルDVDを3本借りて続けて観ただけの話なのだが。

DVDは「フラガール」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン テレビ版」「クライマーズ・ハイ」の3本。

それらが話題になってたころ、観るタイミングを逸した作品ばかりだ。

フラガール」は、日本アカデミー賞の第30回(2007年)の最優秀作品賞を受賞した映画、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は第31回(2008年)の最優秀作品賞を取った映画のテレビ版、「クライマーズ・ハイ」は、第32回(2009年)であの「おくりびと」に最優秀を奪われ優秀作品賞に終わった作品だ。

どれもさすがに面白かった。

フラガールは、あの「69 sixtynine」でお会いした李相日監督と美術・種田陽平コンビだったので期待したのだが、全く期待を裏切らない素晴らしいものだった。俳優たちが活き活きしている。スタッフ、キャスト全員がこの映画作りを楽しんだことがびんびん伝わってきた。

東京タワーは、フラガールと炭鉱とレトロが同じだったが(笑)、ま、予測通り。しかし田中裕子は上手いなぁ~。特に美人でもないのにちょっとした表情で、観客を自然に引き込んでいくんだよなぁ~

クライマーズ・ハイには、ブッタまげた。僕はこの3本の中で一押しだ。
よくストーリーが練られているし、新聞社が舞台なのが興味をそそる。原作と脚本がいいんだろうね。やっぱ映画は本次第か。

さて、話題の「おくりびと」。いつ観ようかな・・
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フラガール、面白かったですね。「常磐ハワイアンセンター」に行ったこともあるので、よくあの何も無い街で成功させたな、と思います。生きるため、街の為の情熱があったのでしょうね。宮崎のシーガイヤや長崎のハウステンボスも、まわりに観光資源が沢山あるのに、経営が悪化しているのは、この情熱がないのかもしれませんね。

うん、面白かった。あれが実話ちゅうのがまた感動するよね。よか話じゃなかねーー。松雪さんも良かったし、緋牡丹のお竜があの演技!よかったねーー。蒼井優に至ってはもう恋してしまったよ[:ドキドキ:]
いや~映画って本当にいいもんですよねっ[:ワーイ:]

うん、「フラガール」よかったね~~[:ハート:] あんなに踊れたら最高っす[:ドキドキ:]

優ちゃん、最期のソロ、かっこよかったね~~[:ワーイ:]
しかし、何であんなに踊れるんやろか??いくら映画のために特訓したからって、そんなに急に踊れるわけなかろうに・・・。映画俳優並みの特訓は一般の人はできんのやろか??

そういや、ハウステンボスは2010年度に黒字化するとか・・・クリック

>映画俳優並みの特訓は一般の人はできんのやろか??
く~~~[:汗:]
そ、それを言っちゃあ~~~~[:しずく:]

おしめーよってか??
あの腰の動き、カウンはでけると??

練習では、できるんですけどね(汗・汗・汗)それだけの動きが集中できるから。しかし音楽と振りが入っちゃうと本来の日舞が邪魔をして[:困った:]・・・できまっしぇん [:=3:]

上半身日舞、下半身フラがセクシーそうでええなぁ~~[:イイー:]

東洋ショー劇場にでも行けばあ~ってもう無いんだよなあ。(>_<)

うん、なかった・・・
あの思い出の初体験は脳裏にしか残っていない・・・[:泣き:][:しずく:]

フラガールの話題で、何もコメント書かないわけには。
私も、「常磐ハワイアンセンター」と言われている頃、行きましたよ。
大学生だったので、もう40年ぐらい前、きっと出来て数年の創成期のころです。
本当のハワイは行けないので、せめてハワイアンセンターでもって。
だって、1ドル360円の時代だもの。
学生には、親のスネをかじらない限り無理な時代だったしね。
それと、もっと大きな理由がありました。
大学生の仲間に、福島県出身がいたのです。
それも、もろ常磐の地元出身が。
JRの常磐湯本と言う駅前で商売してる息子でした。
ここから、ハワイアンセンターはスグです。
そして、彼が、この「常磐ハワイアンセンター」の誕生の経緯もはなしてくれました。
ハワイアンを大学時代はやっていたので、バンドやフラは興味深く見てきましたが、やってる連中が元炭鉱マンとは思えない、上手い演奏と踊りだったのを覚えています。

ハワイアンの大御所aibikiさんにコメントいただいて光栄です。
そんな昔からあったんですね。
すごいことですよね。
スパリゾート・ハワイアンズのHPを覗いてみてビックリしています。
長崎の観光のあり方とは正反対のような気がしますが、それはそれで成功してるんですね。
世の中いろいろと頑張ってますね[:ワーイ:]

私も腰振ったら、岡田君が振り向いてくれるかしら~[:ドキドキ:]

う~~ん、そーねー・・・
僕の前で振ってみせて!!
もうカブリツキで見ちゃるけん[:ドキドキ:]

あにじゃ、今日卒業します。
学校行事で会えなくなりますが
来年、泣かないでね[:笑い:]

そうか・・
卒業おめでとう!!
希望の大学には入れたのかな??発表はまだかな??
どっちにしろ頑張って人生、生きていかんばね!
♩仰げば尊し我が母の恩~~[:ウィンク:]

ありがとうございます。
発表がまだだから
何ともいえないけれど~
[:イイー:]
希望の大学かもわからないので
困ったものです[:困った:]

[:祝:]合格を祈ってますよ[:キラキラ:]
きょうは朝夕と母校の前を通ったときに礼服の保護者と思しき方々をお見受けしたので、keiちゃんの姿を探しましたよ[:ウィンク:]

ありがとうございます。
前期の発表次第です~
黒のワンピのミニスカートだったので見ない方が良かったかもしれません~[:キャー:]
この日は暖かかったのに
寒いよね~[:困った:]昨日も今日も~[:ペンギン:]

> 黒のワンピのミニスカート
おぉーー見たかったなぁーー
上がらんやったファスナー想像しながら[:ウィンク:]

クライマーズハイ、今日レンタルDVD行こうかな。 最初の方をダイジェストで見たら、「こりゃちゃんと見らんばいかんばい」と(^_^;) 自分の仕事が何処へ向いているのか確認せんばいかん!

もう、観たかな??
どげんやった??

見たよ~。
う~ん、最後がなんとなく、わかりづらいなあ。
原作読まないと、一回見ただけでは理解できないシーンもいくつかあるし。
結局最後はダブルチェックをキーワードにして事故原因について終わらせているけど、それでいいのかなあ~、違うことが言いたかったのではないかと思ってしまうんだけど。

確かに分かりにくさはあったね。
僕自身はこの映画を観て初めて、事故原因が圧力隔壁ではない可能性があるのを知ったし、あの「ダブルチェック」と「あの終わり方」で、報道機関として「真実を伝える重要性」ってのを改めて知らされたよ。
一部に再調査を望む声があるらしい。ひょっとして、裏で大きな力による隠匿工作があったかもしれない・・・

僕は以前から事故原因が圧力隔壁ではない「ある」原因があると思っていたので、この映画でその部分をもっと予感させる結末があるのかと思っていました。やや肩すかしでした。
報道機関としてのありかたの部分はすごく面白かっただけに、あの終わり方には欲求不満が残ります。

taotao7的にはどういう終わり方を望む??

もう一つの原因の可能性知るがダブルチェックできず、隔壁の破損がいう意図的に作られた裏の取れた原因をスクープ記事として書く事になる。上層部からも、社長からも称賛されるが、納得が行かない主人公は辞表を出す。

いや~そらなかろ。
少なくともこの話は事実に基づいとるし、事故の被害者の心情もあるし。
それと裏が取れてれば本人はどうどうと書くし、納得するし、辞めることもせんやろう。

そーねー。 被害者の心情考えるとそうかもね。 ただ僕は、整備不良で隔壁破損という原因は納得為てないのが一般的だと思っていたし、隔壁破損は物理的には事実だけど、何故破損したかは余り論じられてなくて、そこがあの事故が都市伝説のように語られている訳で、そういう眼で見てると 随分アッサリだなと思ってしまうんです。石原知事の横田基地返還要求もあの事故で都知事が気付いたからだと思うんです。

ある意味、あそこまでがこの映画の限界やったんやろね。
少なくとも僕は圧力隔壁破損が原因と思い込んどったよ。その前の尻モチ事故、その後の修理ミス、そしてその金属疲労などが重なったためとか。
事故再現フラッシュ
被害者のご冥福をお祈りします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア