サラ・ブライトマン

世界で一番美しい歌がある・・

輝けるディーヴァ「サラ・ブライトマン」のDVD「シンフォニー~ライブ・イン・ウィーン」を観た。

近所の知人が、福岡国際センターでのコンサートを聴きに行って買ってきたDVDの鑑賞会に誘われたのだ。

米焼酎と麦焼酎をちびちびやりながら観た。

DVDは、ウィーンの聖シュテファン寺院でのライブ映像だ。この寺院は僕も行ったことがある。ハイドンやベートーベンやモーツァルトに縁のあるウィーンのシンボル的なゴシック建築の大寺院だ。

サラの透き通るような声が、この大聖堂にマッチして、まるで天上から舞い降りてきた天使のようであった。

それにしても彼女の高音は素晴らしい。通常のソプラノ歌手のそれとは全く違い、まるで高い音をもて遊んでいるかのように響かせる。もうウットリだ。


公式HPは→クリック

「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」などの特別映像をぜひこちらから→クリック
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

彼女の声は賞賛の言葉が見当たらないほどに何かを感じます。
マルチの才能うんぬんが全く必要ない声ですな。
福岡チケットがTVショップで売りにでた時は喉から手がでたのですが、passionがすくなっているせいでしょうかあきらめてしまいました。(T_T)
久々のケルンでした。

おぉ~コーセー、久しぶり!
何ね、サラファンやったと??
passionは保て!!意地でも保て!!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア