長崎ハーバーライト

長崎港

元亀元年、この港は開かれ、南蛮や中国との貿易で栄え、町民はキリスト教徒となり、一時はローマ領ともなった。その後一転、禁教の嵐が吹き荒れ、殉教者の夥しい血が流された。

幕末から明治にかけては日本の近代化の足場となり、悲しい戦争に加担し、そして一発の原爆でグラウンドゼロに帰した。

こんな数奇な歴史を辿った港は、地球上でここしかあるまい。
まちの栄枯盛衰、ひとの喜怒哀楽、愛別離苦、すべてを知る長崎の港。

そして僕のすべても知っている長崎の港。

そんな港に抱かれながら、友と飲み、つらい話を聞いた。すべてを受け入れるために。
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア