龍馬への旅(その2)

10日の夜11時前に、ようやく高知に着いた。そのままホテルにチェックイン。

長崎を昼の2時に立ったから9時間弱。約2時間ごとに運転を交代し、休憩や食事を延べ2時間程度とったから正味7時間運転していたことになる。

それも平均120~130km/時ぐらいで飛ばして来ないとこの時間には到着しなかっただろう。
疲れ果て、死んだように眠った。

翌朝、龍馬ゆかりの地をT氏から案内してもらった後は、MY遊バスに乗って、市内の観光地を巡った。

onRyoma01.jpg
 ▲龍馬誕生の地。「郷士坂本八平の次男 実名直柔 天保6年11月15日 江戸に出て 千葉定吉に師事 北辰一刀流の目録を受ける 時勢に感じ武市瑞山の土佐勤皇党に加盟 文久2年3月24日脱藩 勝海舟門下生となり 神戸海軍塾の塾頭を務める その他長崎に海援隊を組織し中岡慎太郎とともに薩長連合を実現 後藤象二郎と協力し大政奉還運動を推進し目的を達する 彼の政治改革案「船中八策」は新日本の行く手を示す基案となった 慶応3年11月15日京都の宿舎近江屋で反対勢力の襲撃にあい中岡慎太郎とともに斬られる 33才」と碑文にはあった。

onRyoma02.jpg
 ▲高知市内を一望に見渡せる五台山展望台にて。

onRyoma03.jpg
 ▲牧野富太郎(1862-1957)。土佐の佐川生まれの植物学者。彼は95年の生涯で何と約2500種の植物を命名したそうだ。

onRyoma04.jpg
 ▲牧野植物園は五台山にある。

onRyoma05.jpg
 ▲五台山 竹林寺 第31番札所。お遍路さんが次から次へと訪れていた。

onRyoma06.jpg
 ▲ついに来ました坂本龍馬記念館勝海舟・ジョン万次郎・龍馬 の足跡を辿る企画展が面白かった。

onRyoma07.jpg
 ▲全国的にブームの龍馬検定。長崎出身者もいるぞ。さぁ~早速やってみよう。

onRyoma08.jpg
 ▲龍馬が命を落とした近江屋の再現。屏風に血が飛び散っており、その凄まじさを物語る。

onRyoma09.jpg
 ▲土佐は空も広けりゃ海も広い。こんな土地柄だからあの龍馬も生まれたのだろう。

onRyoma10.jpg
 ▲桂浜に下りてあの龍馬に会う前にちょいとお祓いをば・・・。バイ貝と龍馬ビールが美味かった。

さぁ~て、いよいよ龍馬とのご対面~~!! 続く>>
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

>おこめさん

さわち料理までは手が出なかった・・・貧乏人の節約旅行だったけんね。(T_T)

でも、鰹のたたきは食ったぞ!次のブログに書いたけど。美味かった~~(^O^)/

No title

土佐と言えば、豪快な皿鉢(さわち)料理がありますよね。
「これでもか!」ってくらいの盛り合わせは、もてなす側の
心意気まで伝わってきます。
あ~~、食べたくなってきた^^;

>桂浜は

確かに水族館と闘犬センターあったね。

全く興味がなかったから、営業しているのかしてないのかも分からなかったけど・・・

どっちにしろその周りに人はいなかったよ。
お目当てはやっぱ銅像やったみたい。

桂浜は

桂浜に降りる前にバイ貝とビール..
いい選択です(^_^)v

桂浜は綺麗ですが、後ろを振り向いた時の「桂浜水族館」が興冷めだった記憶があります。
それと、闘犬センターと
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア