のんちゃんのり弁の緒方監督

現在、長崎セントラル劇場で公開中の”のんちゃんのり弁”の緒方明監督が、NCCの土曜朝の情報番組”トコトン☆サタデー”に生出演。その後、セントラル劇場でのトークショーに出演された。

監督は、”独立少年合唱団””いつか読書する日”で数々の映画賞を受賞されたが、報道、テレビ、CMなどの映像の世界もすべてご存じ。現在、日本映画学校の講師もされている。

”のんちゃんのり弁”は、小西真奈美が31歳バツ一女を体当たりで演じ、何か先が見えない今の時代に、さわやかな感動と生きる力を与えてくれる応援歌だ。

ogata00.jpg
 ▲トコサタの”秋の映画特集”では、いつもながら豊富なご経験をバックに、楽しいトークを展開していただいた。

ogata03.jpg
 監督は、附小・附中時代に、このセントラル劇場によく通われたという。僕も同じだ。
 シネコン全盛で、当時の単館は次々と閉館に追い込まれ、今やここが最後の砦だ。

 「映画はその時代を切り取り、残していくもの」
 「映画は、過ぎゆく時代への追悼だ」

 「いろんな映画がなくてはダメだ。こういう小屋のためにもいろんな映画を作っていきたい。セントラルさん、頑張って欲しい。」と熱く語られた。

ogata04.jpg









監督の次回作はあの「死刑台のエレベーター」の日本版リメイクだ。

主演は、吉瀬美智子

角川映画配給で来秋公開予定。楽しみだ。
関連記事

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

~~旦_(-ω-`。) ドモドモ

No title

おこめさんは綺麗だってことよ。おそらくだけど。。。(笑)

No title

ん?Σ(-∀-;)

No title

そうそう!

おこめさんを見習いなさい!!

No title

綺麗なばかりじゃ、女優として成長しませんわよ。

なんちゃって(●´ω`●)ゞ

No title

>おこめさん

小西さんは、田中裕子さんのファンで、「いつか読書する日」の彼女を見て、監督にやらして欲しいと言ってきたらしいよ。

監督は「貴方を思いっきりブスに撮りますけど、いいですか??」と最初にブチかましたらしいよ。

No title

小西真奈美ちゃんが31歳のバツイチね~。
そんな役をやるようになったのね~。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア