スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・ジワン枯松神社祭のご案内

長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の候補地としてはまだ挙がってないが、先日来日したユネスコ関係者がこれぞ世界遺産的価値があると非常に関心を示されたというサン・ジワン枯松神社。

日本に3つしかないというキリシタン神社です。

11月3日(火祝)午後1時から行われるこの神社祭も第10回を迎え、高見カトリック長崎大司教が司式をされ、野下カトリック中町教会神父がこの神社の世界遺産としての価値について、講演をなさるそうです。
ぜひ皆さんにご参加いただきたいので、事前にご案内します。

karematsuJinjasai.jpg



第10回サン・ジワン枯松神社祭のご案内


 秋冷の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 日頃より当神社に対し、ご理解・ご協力を賜り、心より感謝しております。
 さて、恒例の枯松神社祭を下記の通り実施することになりました。「サン・
ジワン枯松神社」は徳川幕府の苛酷な宗教弾圧の中で外海キリシタンの信仰を
支え、迫害にくじけない勇気と希望を与え続けた外国人宣教師サン・ジワン様
を奉る「キリシタン神社」として知られています。
 このサン・ジワン様の遺徳を顕彰し、そのご恩に感謝すると共に先祖の安息
を皆様方と共に祈りたく存じます。
 なお、今回は第10回の記念すべき神社祭にカトリック長崎大司教高見三明
師の参加をいただき下記のプログラムのような計画をしました。ご多忙のことと
は存じますが、万障繰り合わせのうえ、ぜひ、ご参加くださいますようご案内
申し上げます。
                        枯松神社実行委員会

              記

日時:11月3日(火祝)午後1時より
場所:枯松神社境内(雨のときは黒崎教会)
プログラム:
 第1部 感謝と慰霊ミサ
       司式 カトリック長崎教区大司教 高見三明師

 第2部 オラショ奉納
       旧キリシタン代表 村上茂則師

 第3部 講演「世界遺産への登録を目指して」
       枯松神社の歴史と存在の意義
       講師 カトリック中町教会主任司祭 野下千年師

                                     以上

関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最初は祠だったらしいよ。大きな松があったらしい。禁教の時代だったから、当然、サンジワンさんのことは言えない。だから彼らは「枯松さん」と呼んだ。「枯松さんに行く」とは「隠れてお祈りをする」ということだったらしいよ。

ちゃんとした神社を建てたのは禁教の高札が撤廃された後のことだね。
昔から神仏は融合しているので、仏教の方が神社に参るのは違和感なかったろうが、キリシタンは他宗教の神には祈らないよね。元々一神教だし。

僕もここで書いてることは初耳のことが多いよ。長崎っちゃ面白かろ??

No title

え?外国人宣教師を奉る為に、神社を建てたわけですか?
○○の碑とかではなくて。

そういえば、神道の方も仏教を信心されてらっしゃるところは
多いし・・・。
それからすれば、キリスト教を信心しても別に変ではないか。。

キリシタン神社。初耳です。(あにじゃさんのお話はほとんど
初耳ですけど^^;)
長崎っちゃ面白いとこやねぇ。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。