世界遺産交流シンポジウム

6日(土)14時から、旧香港上海銀行長崎支店記念館で「長崎世界遺産 交流シンポジウム」が行われた。
主催は長崎近代化遺産研究会。共催にアジェンダNOVAながさきも入っているので手伝って来た。

今回のテーマは「世界遺産登録へむけた市民活動とまちづくり」。

現在、長崎には「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」と「九州・山口の近代化遺産群」の2つの世界遺産登録を目指して官民ともに活動しているが、これらの団体の交流も目的としている。

シンポジウムは勿論、終わってからの懇親会で、この活動に関わるさまざまな方々と長崎の世界遺産、市民活動に対する日ごろからの思いをぶつけ合うことができ、非常に意義ある一日となった。

お世話いただいた長崎伝習所長崎イノベーション塾事務局長の梅元建治さん、お疲れ様でした。

sekaiisan00.jpg
▲今回の内容

sekaiisan01_20100207015029.jpg
▲近代化遺産研究会会長の宮川雅一氏による主催者あいさつ

sekaiisan02_20100207015028.jpg
▲第一部は、岡林隆敏氏(長崎大学工学部教授)による「長崎の地域遺産・世界遺産」について基調講演

sekaiisan03_20100207015028.jpg
▲第二部は、東川隆太郎氏(NPO法人鹿児島探検の会代表理事)と坂本道徳氏(NPO法人軍艦島を世界遺産にする会理事長)による事例発表。

sekaiisan04_20100207015027.jpg
▲第三部は、パネルディスカッション。左から、宮川雅一氏、原口泉氏(鹿児島大学文学部教授)、桐野耕一氏(NPO法人長崎コンプラドール理事長、長崎居留地まつり実行委員長)、柿森和年氏(長崎の教会群を世界遺産にする会事務局長)、菊森淳文氏(長崎地域政策研究所常務)
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア