被爆マリア像と共に 平和巡礼と国連訪問 報告会

5月11日夜7時から、カトリックセンターにおいて「被爆マリア像と共に 平和巡礼と国連訪問 報告会」があった。報告者は、見三明カトリック長崎大司教。

HibakuMaria05.jpg
▲平日の夜にも係わらず、会場を埋め尽くさんばかりの巡礼者、カトリック信者、一般聴衆が集まった。各メディアも取材に来ていた。

HibakuMaria03.jpg HibakuMaria04.jpg
▲大司教は、自分だけが行っても誰も話を聞いてくれなかっただろう。すべてはこの被爆マリア像のおかげです。と語った。

HibakuMaria01.jpg HibakuMaria02.jpg
▲当日配布された資料。僕のメモ入り。

2種類の原爆(ウラン型→広島、プルトニウム型→長崎)を市民に対して実験的に投下し、大量殺戮をしたことは、明らかに非人道的です。

ほとんどのアメリカ人は今でも原爆投下は正しかったと思っています。
キリストの福音を知るはずのクリスチャンが8割もいるアメリカで、信じられないことです。

この被爆マリア像を見て、また被爆者の語りを聞いて、原爆の現実を直視すれば、心が動かされるに違いありません。今回の訪問がそのきっかけになってくれればいいと思います。

この被爆マリア像と一緒にアメリカ縦断の旅をすることも考えています。


大司教の語り口は優しいが、その言葉は強く心に響いた。
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア