幕末長崎古写真展はええぜよ!

幕末長崎古写真展長崎歴史文化博物館(=歴文)で開催中である。
当初5月末までの予定だったのだが、好評につき6月末まで会期延長されている。

100605_koshashin01.jpg

以前から行こう行こうと思っていて、5月31日の最終日(当初)に会社を終えてすぐ、最終入館時の6時半にぎりぎり駆けつけたのだが、係員に「30分で出てください」と言われ、「えっ・・・」と躊躇していると、「これ6月末まで延長されたんですけど・・」と教えていただいたという経緯がある。早よ言えよな・・・

という訳で、6月5日、それも学芸員の解説付きの時間に合わせて、たっぷりと鑑賞して来た。

100605_koshashin02.jpg

上野彦馬やベアトが写した幕末の長崎の風景や人物が生き生きと館内に浮かび上がっていた。
館内には幅30cmの写真の原版数点が、3mにも引き伸ばして展示してある。
しかし、意外とボケていない。当時の写真の基本的な技術は一応完成していたであろう。

その中の圧巻は、何と行っても、謎のフルベッキ写真(「教育の原点を考える」からリンク)といわれる、当時の英語教師フルベッキが上京する前に佐賀藩致遠館の塾生と撮ったお別れ写真といわれるモノ。

幕末の志士がすべて写っているという「夢」もある想像力を逞しくさせる写真だ。
明治天皇、勝海舟、西郷隆盛、高杉晋作、坂本龍馬、後藤象二郎、大隈重信、陸奥宗光、小松帯刀・・・

実は、そんなわけがない。もしこの中の西郷の写真だけでも本物であれば、日本初発見なのだが・・・

しかし、みんないい顔をしている。幕末の維新期、それぞれの志士たちが日本を変えよう、次の時代を作ろうという気概に満ち満ちた顔をしている。

こんな顔つきをした人物が今の日本にいるだろうか・・・情けない。
自分のことしか考えていない「ちんけなプチお偉いさん」はごまんといるが・・・

この写真にしばし見とれていた。

100605_koshashin03.jpg
▲当時の大浦海岸通を再現したコーナー。ここだけは写真撮影可だ。

いけたくてもいけない方は、こちらで雰囲気をお楽しみください。→幕末長崎写真展特設サイト
関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

> おこめさん

提案、教育に「武士道」導入!!

武士道とは死ぬこととみつけたり

日本人をたたき直せ~~(^O^)/

No title

そうですね~
今このふやけた時代とは違いますね。
精神性というか、人生50年!で何をやり遂げられるか。
自分との戦いでもあったのかなぁ

> おこめさん

うん、極力学芸員の説明があるときがええね。
漫然と見るんと、ちょっと解説をしていただくんとは、全然変わってくるね。

そうか、むかしの人たちだから、頬骨が発達しているってのはあるね。しかし、みんな口をへの字にして、真剣さが伝わってくるね。

みんな「命をかけてた」んだろうからね。
おちゃらけて、ピースサインなんかする時代とは全く違って・・・

No title

学芸員の解説はいいですね。
ヘッドフォン使用で500円割り増しになる所もあるけど
やはり解説があると、取りこぼし?なく見た気がする。
少なくとも歴史に弱い私には^^;

ところであの凛々しいお顔は、硬いものをガリガリぼりぼり
食べたり、歯を食いしばることが多かったのもあるかも。ですね~
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア